生活保護の仕組みと現状課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,228
ダウンロード数69
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    生活保護は社会保障の性格を持つ最低限度の生活の保障と社会福祉の性格を持つ自立の助長に基づき、さまざまな活動が行われている。また生活保護は権利であるため、保護してほしいとする被保護者が申請保護の原則に基づき最寄りの福祉事務所等に申請を行う。ただし例外があり、要保護者が急迫した状況にある時は、保護の申請がなくても職権保護という措置をとることが可能である。
    申請を受けると、アセスメントとして世帯訪問や関係先の調査や書類調査を通じて今ある資産での活用が可能であるかどうか、まずどのような生活をしてきていたのか、家族はどのような状況で手助けしてもらえたりしないのかなどを確認し、事前評価を基準および程度の原則や必要即応の原則に基づきつつ行うのである。それをうけてプラニングとして処遇方針の作成を行う。このとき関係機関・関連専門職の連携がとられ、利用者本人への直接的な働きかけや利用者を取り巻く環境への働きかけを就労援助や療養援助などを通して行う。そうして処遇方針を評価し、何か課題が出てくるようであれば処遇方針を見直して利用者が「健康で文化的な最低限度の生活」を送れるように援助していくのである。このとき用いられる援助方法は社会福祉援助技術と同じ手法をとる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生活保護の仕組みや相談援助活動を理解したうえで生活保護が抱えている諸問題について述べなさい。
    生活保護は社会保障の性格を持つ最低限度の生活の保障と社会福祉の性格を持つ自立の助長に基づき、さまざまな活動が行われている。また生活保護は権利であるため、保護してほしいとする被保護者が申請保護の原則に基づき最寄りの福祉事務所等に申請を行う。ただし例外があり、要保護者が急迫した状況にある時は、保護の申請がなくても職権保護という措置をとることが可能である。
    申請を受けると、アセスメントとして世帯訪問や関係先の調査や書類調査を通じて今ある資産での活用が可能であるかどうか、まずどのような生活をしてきていたのか、家族はどのような状況で手助けしてもらえたりしないのかなどを確認し、事前評価を基準および程度の原則や必要即応の原則に基づきつつ行うのである。それをうけてプラニングとして処遇方針の作成を行う。このとき関係機関・関連専門職の連携がとられ、利用者本人への直接的な働きかけや利用者を取り巻く環境への働きかけを就労援助や療養援助などを通して行う。そうして処遇方針を評価し、何か課題が出てくるようであれば処遇方針を..

    コメント6件

    chobi 購入
    ありがとうございました。
    2007/02/11 1:10 (9年10ヶ月前)

    bmnmiffy 購入
    ありがとうございました
    2007/03/24 22:01 (9年8ヶ月前)

    dinkys 購入
    参考にさせていただきました。
    2007/03/25 23:50 (9年8ヶ月前)

    naitu23 購入
    参考にさせていただきました。ありがとうございます。
    2007/03/28 21:48 (9年8ヶ月前)

    takamiy 購入
    参考にさせていただきました。ありがとうございます。
    2007/03/30 15:36 (9年8ヶ月前)

    nichtstun 購入
    参考にさせていただきます
    2007/06/17 22:42 (9年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。