高齢者特有の疾病

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数3,039
ダウンロード数39
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    人間は成長を重ねると、老化という現象に伴い、同時にさまざまな体の位置に今までとは違う体の症状が出てくる。外見の老化現象としては、しわがよるなどであるが、身体臓器の老化は重大で、生命にかかわる問題が隠されている。...........

    つめに病気の症状が若い人と違う。例えば痴呆症状が起こり、検査をしてみたら甲状腺疾患であったなど、高齢者では独特の反応を示すことがある。本来、口の重い高齢者の訴えは十分に伝わりにくいこともあり、表情や身振りを読むことも大切である。3つめに本来、今日までの生活習慣に基づく慢性疾患が多くみられます。例えば、長期の喫煙により障害を起こしている肺に起きた肺炎は、抗生物質で原因菌は退治されても、いつまでも咳や痰が残り、慢性化しやすいものです。また、高血圧、糖尿病、高脂血症などは、心筋梗塞や脳卒中の準備状態ともいえる。................
    高齢者の病気の特徴としては、健常な老化状態と、疾病状態との境界が不明瞭であり、症状が非定型的で一般的には軽い傾向である。このことから発見が遅れ、重篤化・重複化・慢性化する傾向を示し、治療の遅れが身体機能の低下を招く。また、高齢化に伴う生活習慣病の増加が深刻な問題となっているのも現在の特徴である。そして生理的変化とそれに伴う疾患が相互に影響しながら存在する。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    高齢者に特有な主な疾病をあげて、その特徴を説明しなさい。
    人間は成長を重ねると、老化という現象に伴い、同時にさまざまな体の位置に今までとは違う体の症状が出てくる。外見の老化現象としては、しわがよるなどであるが、身体臓器の老化は重大で、生命にかかわる問題が隠されている。例えば、循環器の老化は動脈硬化に代表され、冠動脈の硬化による狭心症や心筋梗塞を起こす。肺も弾力性が落ち、感染を起こしやすくなる。消化器については、大腸の蠕動が悪くなり、便秘を起こしやすくなる。肝臓の働きや腎機能も徐々に落ち、膀胱も弾力性がなくなる。内分泌腺では、性ホルモン、副腎皮質ホルモンを低下させる。  また日常生活で問題になるのは、感覚機能すなわち眼、鼻、耳の働きが落ちて、視力障害、嗅覚障害、難聴をきたすことである。また運動機能でも、瞬発力や持続力が低下します。平衡感覚が落ち、めまいなども出現することもあって、体が固く、不安定で、動きが鈍いのが高齢者の特徴といえる。さらに脳、脊髄そして末梢神経と全身を走っている運動・知覚の神経は、周囲の血管・筋肉・骨などの老化的障害にも鋭敏に反応して症状を起こす。
    また、免疫機能やホメ..

    コメント4件

    faust021 購入
    それなりにはまとめてあるが、文言の使用が適切でない部位が数箇所見られる。
    最終的に読んでみると、レポート表題と内容が若干異なっている印象がある。
    2006/04/22 14:00 (10年7ヶ月前)

    69sex 購入
    参考になりました。
    2007/01/03 6:26 (9年11ヶ月前)

    satonori 購入
    参考になりました。
    2007/04/21 23:43 (9年7ヶ月前)

    kirari17 購入
    参考になりました。ありがとうございました。
    2007/05/21 0:04 (9年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。