社会福祉士  集合行動の社会心理について論ぜよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数131
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    集合行動の社会心理について論ぜよ。
    「集合行動」は,単に多数の人間が集まっているだけではなく,それらの人々が「相互作用」をし,かつ,その相互作用は,彼等が一体となっているという感覚によって影響されるのである。
    視点と対象
    本レポートでは特に上記の問題をル・ボンの群集心理とスメルサーの集合行動論を比較し挙げることにする。
    ル・ボンは群集によって形成された精神構造の特徴は、衝動的で高まりやすく、信じやすく、盲動的、被暗示的であり、「考えのない集団」と位置づけた。
    一方、スメルサーは集団の中での個人の相互作用に注目し、「全体的な構成内での部分の位置づけ」とした。本論ではこの2つを比較し、現代社会における問題にあてはめて考察することを目的とする。
    集合行動とは
    制度から疎外された大衆現象において人々が示す,比較的持続期間の短い制度化されていない集団行動の総称。ターナーによると〈社会の規範や組織を否定,または再解釈する規範と組織の,自然発生的な発達によって特徴づけられる〉とされるが,固定的な定義はなされていない。
    ダンカン=ミッチェルによると,現在集合行動を説明する理論には次の三つのグループがあ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。