社会福祉士  社会保障の役割と機能について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数582
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会保障の役割と機能について
    はじめに
    社会保障とは、国家が国民の生活を保障することであり、日本国憲法第25条「すべて国民は健康で文化的な最低限度の生活を保障する権利を有する」で各人の生活生存権を保障されている。この社会保障は人の一生を通じての生活の保障による安定であるがこれは常に最低生活を基盤にしており、働いても不足する場合の生活の保障であり、完全保障でではなく、何らかの理由で生活ができないときのみに生活の保障が行われるということである。
    役割および機能
    社会保障が国民生活にはたす役割および機能については大きく分けて6つにわけられる。
    社会保障の用件
    社会保障という言葉が最初に用いられたのは、1935年のアメリカの連邦社会保障法、次いで1938年のニュージーランドの社会保障法であるといわれている。だが、英米では社会保障という言葉が社会的な所得保障に用いられることが多いが、日本の厚生労働省は所得保障に加えて医療、保健、公衆衛生サービスをも含む概念として用いている。
    社会保障とは、「ゆりかごから墓場まで」の生活の保障であり、資本主義社会においては国民一人ひとりの生活は、すべての個人の責任..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。