社会福祉士  司法福祉論 ①

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数96
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【犯罪者処遇の権力作用と刑罰や矯正教育の効果について述べよ。】
    1、犯罪者処遇の権力作用
    犯罪者処遇の権力的作用の目的
     犯罪者・非行行為とはその社会の構成員が等しく認め合う価値観に基づいて形成された法律を犯す行為である。そして犯罪・非行行為は、社会の安定や秩序を乱し時には社会そのものの存続や社会構成員の生命まで脅かす危険性を持ち合わせている。社会が安定・発展していくためには、その社会の構成員が等しく認め合う価値観が維持されることが必要であり、そのために社会は公権力を行使して犯罪者・非行者の行動に干渉し、社会的規範を維持していく。その公権力を背景にした犯罪者・非行者への感傷が犯罪者処遇である。
     したがって公権力による犯罪者処遇の目的は①社会の安定や地秩序を維持していくこと、②犯罪者・非行者にその社会の持つ平均的価値観を習得させること、③犯罪者・非行者が再び社会に参加できるように援助していくことである。これは同時に公共と個人との福祉の維持・発展を意味している。
    改善処遇と特別予防
     犯罪者処遇を考察する際犯罪者の中でも改善不能犯には隔離・無害化刑を、改善可能犯には改善・矯正刑を、改善不..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。