社会福祉士  家庭と地域社会における保育のあり方について述べなさい  児童心理学1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数132
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    家庭と地域社会における保育のあり方について述べなさい
    大阪や韓国での児童虐待、ネグレクトのニュースの記憶も鮮烈な印象のまま、現代社会は家庭と地域社会における保育のあり方をさらに深く問う事を必要としている。児童人口が減少を続けているにもかかわらず、保護を要する児童の施設入所が増加している。長期化した不況による家計破綻がもともと危うい関係であった家庭基盤を直撃すると、家庭崩壊の危機に直結し、児童虐待の相談件数は急増を続け、虐待致死事例の統計も報告されるようになった現在、少年非行は戦後第四の上昇期に入ったといわれている。
    現在では家庭内暴力や不良行為、情緒障害等の課題をもつ児童をどう育てていっていいのか困惑し、監護をあきらめてしまっている保護者もいるため、親子関係のあり方や子育て等についての適切な助言、カウンセリング等の援助を行い、家庭環境を調節することによって監護力の回復を図っていくことが重要である。また、施設に児童を預けた保護者の中には、「親失格」という烙印を押されたと感じている人、夫婦関係、親子関係、就労、疾病等同時に多くの問題を抱えるなかで混乱して自暴自棄になっている人もいるので、受..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。