社会福祉士  医療保険制度の概要について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数323
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    医療保険制度の概要について
    ・はじめに
    わが国では 1961年、国民皆保険制度が実現してから、40年が経過し、その間に、患者による医療機関の自由選択の確保と医療保険制度の充実により、国民一人一人が等しく質の高い医療が受けられるようになった。
    だが近年、急速な少子高齢化や医療の進歩により、医療費が増加する一方、経済変化に伴い、医療費の伸びと経済成長との間の不均衡が拡大してきている。今後のわが国の経済については、かつてのような成長は難しく、このような不均衡が拡大していくと、医療費を賄うための国民の負担、特に若年世代の負担が高まり、現在では国民皆保険制度そのものに対する信頼が失われつつある。
    また、各医療保険制度の加入者の構成も、大きく変化してきており、制度間の加入者構成の違いを踏まえながら、今後、高齢化とともに増加していく老人医療費を公平に負担する方法、また、医療費増加の改善対策が大きな課題とされている。
    ・医療保険制度の概要
    国民福祉の基礎は国民の健康であり、医療保障とは国民の健康の保持・増進をはかるために、疾病の予防・治療・リハビリテーション等の保健医療サービスの機会を、公的責任で保障..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。