社会福祉士  グループワークの展開過程について 各論Ⅱ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数198
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    集団援助技術(グループワーク)の展開過程について述べなさい
    はじめに
    集団援助技術とはクライエントが同じ問題を共有するグループのプログラム活動の参加、グループメンバー間の相互作用を生かして促し、グループメンバーの個人が変化(成長、発達)する援助過程をいう。
    1、集団援助技術の展開・過程
    準備期―クライエントの問題・課題、援助
    内容を明確にする時期
    クライエントへの接触を始めるための準備から予備的接触を始める段階までを指す。
    援助者が最初に行うのはグループの計画を立てることである。この場合、利用者の状況などに応じて既存のグループ活動の中から最適なサービスを選択し、紹介し、薄めていく計画である。グループの構成要素(同質、異質グループの編成)回数、期間の設定、環境設定、の考慮も重要である。
    グループの目的、目標も忘れてはならない。福祉施設、機関等にはそれぞれ使命、方針、目的がある。それを目指し、日々、サービス事業が実施されている。
    (1)援助チームの合意
    計画を作成するにあたってワーカーの所属する施設、機関が何を利用者の問題・課題だと考え、どのような援助ができるか、どのような援助ができるのか..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。