精神保健福祉士 精神保健学2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数97
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    青年期の範囲
    青年期の時期は研究者によって様々で、身体的な発達のみで言えば20歳で頂点に達し、その後低下していく。だが、心理社会面での発達を考慮すると18歳~30歳くらいである考え方が多い。
    現在では大学を卒業後、大学院に進む人あるいはニートやフリーターと言われる人も多く、卒業してすぐに就職しない人も増えてきており、社会人を経験することによる育ちを考慮すると、成人期を30歳ころとするのが妥当であり、そこを青年期の終わりとするようになったと思われる。
     青年期心性の特徴
    青年期の対人関係問題は大きくわけて2つある
    孤独感
    多くの青年が抱く感情であり、気持ちを共有できる相手の友達が心の支えとなる一方、友達と自分の違いも認識し、自分自身をきちんと理解できる人はいないと思い、孤独感を感じる。
    落合良行は青年期の孤独感をA~Dタイプに分類し、人間どうしの相互の理解・共感、個別性に気づいているかどうかの分析を行った。A型は「他人との融和状態」、B型は「理解者の欠如態としての孤独感」C型は「他人からの弧絶状態での孤独感」D型は「充実した孤独感」で、発達とともにAからDへ移行する。人間どうし、相互に理..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。