精神保健福祉士 精神科リハビリテーション学2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数320
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    はじめに
     デイケアとは精神医療における通院による治療技法であり、また同時にリハビリテーションとしての重要な形態でもある。構成職員として精神科医師、看護師、作業療法士、精神保健福祉士、臨床心理士などである。
    日本の医療体系の中で、それぞれの他職種の専門家が「チーム」を組み、治療法として集団の動きを導入することが、従来にはない臨床機能であった。
    デイケアの発展と現況
     加藤正明は1958年、アメリカ精神医学会「デイホスピタル会議」に参加し、欧米のデイホスピタルを回り、日本にデイケアの発想と方法を持ち帰った。その後1963年、わが国最初のデイケアを発足した。だが、診療報酬が点数化されたのはそれから..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。