精神保健福祉士 精神科リハビリテーション学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数105
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生活技能訓練の定義
    リバーマンによると、「生活技能は生活場面における感情的・認知的・行動領域の機能を含んでいる。生活技能訓練は社会的相互作用効果的に行う社会的行動の実践力を習得することである。」と定義している。実践力に必要な技能として①正確な社会的知覚②認知過程③実行力が挙げられる。
    目的
    生活技能訓練は、心理的・生理学的脆弱性を持った子体を強くして生活の中で起きてくるストレスや地域社会に適応していく力をつけ、家族との葛藤や緊張に対処していく力をつける。
    設計
    リバーマンによると、生活技能訓練は学習理論に基づいて10段階で実行する。
    ①問題の定義・・・利用者の問題を社会的不適切行  動として置..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。