精神保健福祉士 演習 事後レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数252
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1、はじめに
    私たちのグループは事例11を元に、ここから「ストレングスモデルの視点」に焦点を絞り、考察を行った。ストレングスモデルの説明から事例にあてはめた本人の状態、社会資源などをまとめ、最後に課題や展望を話し合った。
    2、ストレングスモデル
    ストレングスモデルとは、短所に目を向けて「あれができない」「これができない」と苦手なことに注目し短所を改善しようとするよりも、「あれができる」「これができる」と長所に注目し、長所を生かして自立に繋げるという考え方である。1982年、アメリカ・カンザス大学スタッフが精神障害者へのケアマネジメント提供したことが発端。「強化モデル」に基づき、クライエントの目..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。