社会福祉士  個別援助技術の展開過程について 各論Ⅰ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数313
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    個別援助技術(ケースワーク)の展開過程について述べなさい。
    1,まえがき
    個別援助技術の展開過程とは、福祉の目標をクライエントの日常生活の中に直接取り入れ個別的に実現することを目的とした社会福祉援助活動の過程をいう。主として、クライエントやその家族の問題解決の援助を目指す。
    個別援助技術の過程を述べる前に援助が提供され始める前の段階の状況に着目する必要がある。元来のケースワークはクライエントが問題に直面した際、その解決を求めて相談機関に現れることを前提としていたが、その懐疑はパールマンのワーカビリティーの概念を提示し、その中のクライエントの問題解決意欲を取り上げたことから始まった。何らかの形で社会援助につながっていても問題解決意欲は薄く、社会的機関や施設に否定的であるクライエントやその家族もいたため、相談にこないクライエントや、援助につながっても相談意欲がない「来ない相談」が存在した。こういった状況にはワーカーがクライエントを訪問し、相談を実施するアウトリーチや、クライエントのニーズや訴え(声なき声)に援助者が代弁するアボガドシーといった手法が取られてる。
    2,個別援助技術の展開過程
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。