ソーシャルワークとその援助過程

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数2,258
ダウンロード数41
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ソーシャルワークの援助技術は、直接援助技術、間接援助技術、関連援助技術の3つに分類できる。直接援助技術は個別援助技術と集団援助技術の2つに分類でき、間接援助技術は地域援助技術、社会福祉調査法、社会福祉運営管理、社会福祉計画法、社会活動法の5つから成り立つ。関連援助技術はケアマネジメント、ネットワーク、スーパービジョン、コンサルテーション、カウンセリングから構成される。これらを総称したものを社会福祉援助技術と呼ぶ。
    1.直接援助技術
    社会生活上の様々な問題に直面し困難な状況に陥っている個人もしくはその家族の問題をクライアントが援助者のいる機関を訪れたり、援助者が利用者を訪問したりして個別的に援助を受ける過程を個別援助技術という。
    ケースワークの展開過程は、開始期(インテーク、アセスメント、プランニング)、展開期(インターベンション、モニタリング)、終結期の3つの期間に分類される。福祉サービスを利用しようとする申請者と援助者、援助機関の最初の接点であり、面接形式で通常1回から数回で終了する面接をインテークという。この段階では利用者との信頼関係を築くとともに主訴を把握し、所属機関の提供できるサービスを検討する過程である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     ソーシャルワーク(社会福祉援助技術)と援助過程について  
     
    ソーシャルワークの援助技術は、直接援助技術、間接援助技術、関連援助技術の3つに分類できる。直接援助技術は個別援助技術と集団援助技術の2つに分類でき、間接援助技術は地域援助技術、社会福祉調査法、社会福祉運営管理、社会福祉計画法、社会活動法の5つから成り立つ。関連援助技術はケアマネジメント、ネットワーク、スーパービジョン、コンサルテーション、カウンセリングから構成される。これらを総称したものを社会福祉援助技術と呼ぶ。
    直接援助技術
    社会生活上の様々な問題に直面し困難な状況に陥っている個人もしくはその家族の問題をクライアントが援助者のいる機関を訪れたり、援助者が利用者を訪問したりして個別的に援助を受ける過程を個別援助技術という。
    ケースワークの展開過程は、開始期(インテーク、アセスメント、プランニング)、展開期(インターベンション、モニタリング)、終結期の3つの期間に分類される。福祉サービスを利用しようとする申請者と援助者、援助機関の最初の接点であり、面接形式で通常1回から数回で終了する面接をインテークという。この段階では利用..

    コメント2件

    naitu23 購入
    大変参考になりました。ありがとうございました。
    2007/03/19 20:56 (9年8ヶ月前)

    greengreen 購入
    参考になりました。
    2007/03/30 15:30 (9年8ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。