ニューディール政策の概要と効果

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数6,297
ダウンロード数73
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「ニューディール」とは「新規まきなおし」の意味であり、1929年にはじまった世界恐慌に対し、1933年からフランクリン・ルーズベルト大統領の行った一連の政策のことを指す。大企業や銀行を援助し、農産物を買い上げて農民を保護し、また、労働者の生活を保障するとともに、テネシー渓谷開発公社(TVA)の地域開発事業など公共投資の増加による私的資本の投資への刺激と失業対策を行い、景気の回復をはかろうとした。...............
    これらの政策により、政府支出のGDPに占める割合は4.5%(29〜32年の平均)から9.5%(33〜36年の平均)へと急拡大したものの、それでも現在の約半分に過ぎない。このため、ニューディール政策が景気刺激策として有効であったかどうかについては疑問視する見方が多い。しかし、ニューディール政策によって多くの対策を打ち出すという政府の真摯な対応が、人々の期待に働きかけ、これがアメリカ経済の回復を促した公算は大きい。現在の日本では、名目ゼロ金利が続く中、金利を通じた需要の拡大が難しいほか、為替調整においても困難であるなど、当時のアメリカとは状況が異なり、政府手段が制約されている。アメリカでの経験は、政府がリーダーシップをとって問題に立ち向かうことの重要性を示唆しているのではないかと私は思う。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ニューディール政策
    「ニューディール」とは「新規まきなおし」の意味であり、1929年にはじまった世界恐慌に対し、1933年からフランクリン・ルーズベルト大統領の行った一連の政策のことを指す。大企業や銀行を援助し、農産物を買い上げて農民を保護し、また、労働者の生活を保障するとともに、テネシー渓谷開発公社(TVA)の地域開発事業など公共投資の増加による私的資本の投資への刺激と失業対策を行い、景気の回復をはかろうとした。
     そこで、少し世界恐慌について触れておきたい。1920年代におけるアメリカ合衆国の「アンバランスな繁栄」は、1929年10月24日にニューヨークのウォール街の株式大暴落に端を発する..

    コメント16件

    ito0606 購入
    かなり参考になりました。
    2005/10/27 11:19 (11年1ヶ月前)

    kenjiro55 購入
    簡潔ですが、要点がぎっしりつまっていますね。
    2006/03/07 23:26 (10年9ヶ月前)

    happy59happy 購入
    参考になりました。
    2006/05/21 17:12 (10年6ヶ月前)

    chigiko 購入
    参考になった
    2006/06/17 8:20 (10年6ヶ月前)

    ikunaga 購入
    a
    2006/06/30 2:29 (10年5ヶ月前)

    kamada1221 購入
    参考になりました
    2006/07/18 3:09 (10年4ヶ月前)

    tarouw 購入
    参考にさせて頂きました。
    2006/07/30 10:52 (10年4ヶ月前)

    apple69hoppe 購入
    w
    2006/08/24 0:31 (10年3ヶ月前)

    koshikaban 購入
    good
    2006/09/07 3:29 (10年3ヶ月前)

    asd456 購入
    参考になりました
    2006/10/18 14:00 (10年1ヶ月前)

    yanshidan122 購入
    good
    2006/11/20 15:39 (10年前)

    naotan 購入
    参考になりました
    2006/11/21 8:01 (10年前)

    blacksarena 購入
    参考にします。
    2006/12/10 18:01 (10年前)

    songchi5678 購入
    good
    2006/12/22 7:52 (10年前)

    sophisticate 購入
    参考になりました
    2007/06/05 14:35 (9年6ヶ月前)

    silver 購入
    gg
    2007/07/04 22:03 (9年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。