専門的介護支援に重要なコミュニケーション

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数3,909
ダウンロード数33
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.はじめに
     コミュニケーションには、言葉を通じて伝えるという言語コミュニケーションと、言葉以外のジェスチャーや表情などの表現を通じて、相手に伝えるという非言語コミュニケーションがある。
     対人援助において、これらのコミュニケーションは欠かせないものである。したがって、介護の場面においても、このコミュニケーション力は、介護関係を左右する重要な鍵となるのである。では、そのコミュニケーション力とは、どのようなものか。
    2.言語コミュニケーション
     言語コミュニケーション力を持って、専門的介護支援を提供するためには次の点に注意する。一つに世界共通の社会関係を良好に保つための出会いの挨拶、感謝の挨拶、お詫び・依頼の挨拶、別れの挨拶、労いの言葉の5つの基本用語を習慣化させることである。
     ふたつに、利用者のライフサイクルにおける生活体験と生活環境によって、価値観や心理的・社会的生活状態や会話が異なることを認識し、手助けの内容と優先順位の確認、相手の経験から学ぶという姿勢を常に持ち続けることである。
    みっつに、常に、マイナス思考の観察で、悪いところばかり観察するのではなく、ユーモアあるプラス思考の会話をすることである。また、ユーモアのある会話は笑いを誘い、その笑いは、利用者の生体リズムに活力と免疫力を高め、自己防止の最大の方法となるのである。
    3.非言語コミュニケーション
     非言語コミュニケーションを読み取るうえで必要とされることには、次のようなことがあげられる。
     幼児や衰弱している病人や精神病者や知能に障害がある人は、特有のジェスチャーやボディランゲージで表現する。これらを認識したうえで、専門的介護プロバイダーは、日常会話のなかで利用者の表情、姿勢、躰の動き、声の調子、容姿、服装などからその人特有の暮らしの表現や表現方法を介護感性によって把握する必要がある。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「専門的介護支援に重要なコミュニケーション 力について簡潔に述べなさい。」
    1.はじめに
     コミュニケーションには、言葉を通じて伝えるという言語コミュニケーションと、言葉以外のジェスチャーや表情などの表現を通じて、相手に伝えるという非言語コミュニケーションがある。
    対人援助において、これらのコミュニケーションは欠かせないものである。したがって、介護の場面においても、このコミュニケーション力は、介護関係を左右する重要な鍵となるのである。では、そのコミュニケーション力とは、どのようなものか。
     
    2.言語コミュニケーション
     言語コミュニケーション力を持って、専門的介護支援を提供するためには次の点..

    コメント4件

    cosmos 購入
    ありがとうございました!
    2006/04/20 17:28 (10年7ヶ月前)

    tarabagani 購入
    完全に介護専門の方向けですね
    2006/05/02 20:30 (10年7ヶ月前)

    yasu2006 購入
    ありごとうございます
    2006/11/09 0:04 (10年1ヶ月前)

    dinkys 購入
    参考にさせていただきました。
    2007/04/30 3:31 (9年7ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。