「社会福祉基礎構造改革の先鞭といわれる介護保険制度の現状と問題点

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数2,495
ダウンロード数70
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.はじめに
     介護保険制度成立の要因には、介護を必要とする高齢者の急激な増加、介護期間の長期化、核家族化において生じる介護者の高齢化による家庭介護の困難性と家庭における女性の介護負担の軽減がある。それに加え、社会政策の不備による介護問題の深刻化がある。このような背景で、国の財政困難と国民の政治離れの対応策として2000年4月からスタートした。そのとき、個人単位の原則を捨て、家族の美風を残してしまった。そのため、同居家族がいる場合、“虚弱”などの理由がない限り、家事援助はしないという時代のニーズにそぐわないものが残る結果となっている。
     この制度は、従来の老人福祉と老人保健・医療に分かれていた高齢者の介護に関し、社会保険方式で介護認定により、利用に応じた応益負担で多様な主体による介護サービスを提供していくものである。
    2.介護保険制度の現状と問題点
     介護保険制度には、在宅介護の困難さと強まる施設志向、介護労働者の労働条件の悪化、介護保険料負担の問題など、多くの問題を抱えている。そこから、介護保険制度が、高齢者の支援としても不十分な制度である点や、介護労働者の労働条件の悪化、低賃金・不安定雇用化の促進による人材不足、保険料負担増による年金生活者や低所得者の排除などを深刻な課題となることが考えられる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「社会福祉基礎構造改革の先鞭といわれる 介護保険制度の現状と問題点を論述しなさい。
    1.はじめに
     介護保険制度成立の要因には、介護を必要とする高齢者の急激な増加、介護期間の長期化、核家族化において生じる介護者の高齢化による家庭介護の困難性と家庭における女性の介護負担の軽減がある。それに加え、社会政策の不備による介護問題の深刻化がある。このような背景で、国の財政困難と国民の政治離れの対応策として2000年4月からスタートした。そのとき、個人単位の原則を捨て、家族の美風を残してしまった。そのため、同居家族がいる場合、“虚弱”などの理由がない限り、家事援助はしないという時代のニーズにそぐわないもの..

    コメント4件

    koki515 購入
    こんぱくとであった
    2006/04/01 22:31 (10年8ヶ月前)

    7hermes 購入
    参考になりました。
    2006/09/02 20:08 (10年3ヶ月前)

    pura48 購入
    参考になりました。
    2007/03/04 12:01 (9年9ヶ月前)

    pinnymu 購入
    参考になりました。
    2007/09/17 1:44 (9年3ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。