インターネット依存症

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数22
閲覧数2,193
ダウンロード数47
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    はじめに

     我が国のインターネット利用人口は増加を続けている。情報通信白書によると、2004年末における我が国のインターネット利用人口は7,948万人(対前年比2.8%増)と推計され、人口普及率は62.3%と2003年末(60.6%)と比べて1.7ポイントの増加となった。(『平成17年度版 情報通信白書』総務省編、28頁)また、情報通信技術の進展やネットワークサービスの展開に伴い、インターネットへの常時接続が可能なサービスが提供されているほか、自宅以外の場所においても高速インターネットへの接続が可能となるなど、インターネットの利用は時間的にも空間的にも拡がりを見せており、利用頻度も増加する傾向にある。そのため、インターネットの利用は、日々の生活や行動、活動にも変化を与えており、インターネット利用者は「睡眠時間」、「テレビを見る時間」、「雑誌を読む時間」等が減少し、休息や余暇等の時間が特に減少傾向にある。また、家族や友だちと連絡を取る頻度が増加したとする人が多い一方で、家族や友だちと対面で話す時間は減少したとする人が多くなっており、メール等での連絡は頻繁に行うが対面での接触時間は減っている傾向にある。(『平成17年度版 情報通信白書』34頁)インターネットが生活の中で日常的に利用されることにより、インターネットの重要性が高まっており、インターネット利用者の92.2%がインターネット(携帯電話からの利用も含む)が利用できなくなると「非常に困る」または「困る」と回答している。(『平成16年度版 情報通信白書』総務省編、35頁)
    インターネットがこれほど普及したのは、やはりインターネットにはたくさんの利点があるからである。インターネットのプラス面としては、「情報検索、ネットショッピングなど生活が便利になる」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    はじめに
     我が国のインターネット利用人口は増加を続けている。情報通信白書によると、2004年末における我が国のインターネット利用人口は7,948万人(対前年比2.8%増)と推計され、人口普及率は62.3%と2003年末(60.6%)と比べて1.7ポイントの増加となった。(『平成17年度版 情報通信白書』総務省編、28頁)また、情報通信技術の進展やネットワークサービスの展開に伴い、インターネットへの常時接続が可能なサービスが提供されているほか、自宅以外の場所においても高速インターネットへの接続が可能となるなど、インターネットの利用は時間的にも空間的にも拡がりを見せており、利用頻度も増加する傾向にある。そのため、インターネットの利用は、日々の生活や行動、活動にも変化を与えており、インターネット利用者は「睡眠時間」、「テレビを見る時間」、「雑誌を読む時間」等が減少し、休息や余暇等の時間が特に減少傾向にある。また、家族や友だちと連絡を取る頻度が増加したとする人が多い一方で、家族や友だちと対面で話す時間は減少したとする人が多くなっており、メール等での連絡は頻繁に行うが対面での接触時間は減ってい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。