私の考える教育改革

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数844
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     私はこれからの教育は「おもしろい教育」であるべきだと考える。なぜなら教育の効果は学習者の自発的な行動によって促されるものであるからである。学習する生徒がその科目のその事象に興味・関心を抱かなければ、単なるテストのための知識の暗記となってしまい、自ら考える意欲を育てることは難しい。だからこそ、生徒に自発的に学び、考える力を育てるための「おもしろい教育」が為されるべきである。では「おもしろい教育」の実践のためには何が必要であろうか。ここでは専門である地理の教師として考えてみたい。
    1つ目は「分かる授業」を展開することである。特に授業の導入では、生徒を引き付けるために、オリンピックや宇宙飛行など身近な話題を例に挙げるなど工夫をしていく。私は「分かる」というのは、「理解する」ことだと考える。そこでただ「リアス式海岸」という単語と内容を覚えてもらうのではなく、その名前の由来を伝え生徒の理解を促していきたい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     あなたの考える教育改革について、一教師として何ができるかという視点にたって論じなさい。具体的な方策について論述すること。
    私はこれからの教育は「おもしろい教育」であるべきだと考える。なぜなら教育の効果は学習者の自発的な行動によって促されるものであるからである。学習する生徒がその科目のその事象に興味・関心を抱かなければ、単なるテストのための知識の暗記となってしまい、自ら考える意欲を育てることは難しい。だからこそ、生徒に自発的に学び、考える力を育てるための「おもしろい教育」が為されるべきである。では「おもしろい教育」の実践のためには何が必要であろうか。ここでは専門である地理の教師として考えてみた..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。