市場メカニズムの機能について論じ、さらに市場メカニズムの長所と短所について論じなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数8,083
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ? 市場メカニズムとは、価格変動が需要と供給の不均衡を調整して、両者を均衡させようとする働きである。多数の売り手と買い手が自由に参入し、それぞれが利潤と効用の最大化を目指す完全競争市場では、需要の法則、供給の法則、需要・供給の法則という3つの歯車がかみ合うことで、市場メカニズムがしっかりと機能する。
    ? 需要の法則とは、「価格が上がると需要量が減り、価格が下がれば需要量が増える」ことをいう。需要量は、市場で消費者(家計)が買いたいと思っている商品の量を指す。商品の価格が上がると、より多くのお金を支払わないと買えないので、需要量は減る。逆に価格が下がれば、安く手に入るから、需要量は増える。
     供給の法則とは、「価格が上がると供給量が増え、価格が下がれば供給量が減る」こととをいう。供給量は、市場で生産者(企業)が売ろうとしている商品の量を指す。法品の価格が上がると、利潤が増えるから、生産者は供給量を増やそうとする。逆に価格が下がれば利潤が減るから、供給を減らそうとする。
     需要・供給の法則とは、「需要超過で品不足になれば価格は上がり、供給超過で売れ残りが出れば価格が下がる」ことをいう。
    ? 以上みてきたように、需要量と供給量を価格変動によって均衡させる仕組みを市場メカニズムという。
    ? 市場メカニズムの長所は、限りある資源の効率的な配分を可能にすることである。需要と供給が一致するということは、経済全体として、品不足も売れ残りもなく、売り手も買い手も満足することである。つまり、労働・土地・資本といった生産要素だけでなく、財・サービスを含めた経済資源が、必要な人々の手に過不足なく、最も効率的に配分されるのである。
     家計はより高い効用を得るために、安くてよいものを買おうとする。この行動は企業の生産活動へ影響を与える。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    市場メカニズムの機能について論じ、さらに市場メカニズムの長所と短所について論じなさい。
    市場メカニズムとは、価格変動が需要と供給の不均衡を調整して、両者を均衡させようとする働きである。多数の売り手と買い手が自由に参入し、それぞれが利潤と効用の最大化を目指す完全競争市場では、需要の法則、供給の法則、需要・供給の法則という3つの歯車がかみ合うことで、市場メカニズムがしっかりと機能する。
    需要の法則とは、「価格が上がると需要量が減り、価格が下がれば需要量が増える」ことをいう。需要量は、市場で消費者(家計)が買いたいと思っている商品の量を指す。商品の価格が上がると、より多くのお金を支払わないと買えないので、需要量は減る。逆に価格が下がれば、安く手に入るから、需要量は増える。
    供給の法則とは、「価格が上がると供給量が増え、価格が下がれば供給量が減る」こととをいう。供給量は、市場で生産者(企業)が売ろうとしている商品の量を指す。法品の価格が上がると、利潤が増えるから、生産者は供給量を増やそうとする。逆に価格が下がれば利潤が減るから、供給を減らそうとする。
    需要・供給の法則とは、「需要超過で品不足に..

    コメント1件

    horton 購入
    少し見にくい
    2006/11/08 2:36 (10年1ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。