消費財マーケティングと産業財マーケティングの相違点について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数3,251
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

     世の中に輩出される製品や生産物は、「消費財」と「産業財」に大別される。一般消費向けに開発・生産されたものが「消費財」で、企業や官公庁の事業展開サービス向けに開発・生産されたものが「産業財」である。
     消費財のマーケティングでは、まず市場分析し、それを根拠に仮説を立てて製品を開発し、販路を決定した後、公告などを梃子に消費者に訴求していくという一連の「メーカーから消費者に向けてのアプローチ」がある。すなわち、「こんな商品を開発したら売れるに違いない」という商品特性を軸に発想したものとなっている。
     一方で、「インダストリアル・マーケティング」「ビジネス・マーケティング」あるいは「ビジネスtoビジネス(BtoB)」とさまざまな呼ばれ方をしている産業財の場合は、財の購買者の類型、性格、行動を基準に考えられており、「購買者が企業(組織)である際の関係性のマーケティング」とみなされる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    インダストリアル・マーケティング
    前期課題レポート
    『消費財マーケティングと産業財マーケティングの相違点について』
    世の中に輩出される製品や生産物は、「消費財」と「産業財」に大別される。一般消費向けに開発・生産されたものが「消費財」で、企業や官公庁の事業展開サービス向けに開発・生産されたものが「産業財」である。
    消費財のマーケティングでは、まず市場分析し、それを根拠に仮説を立てて製品を開発し、販路を決定した後、公告などを梃子に消費者に訴求していくという一連の「メーカーから消費者に向けてのアプローチ」がある。すなわち、「こんな商品を開発したら売れるに違いない」という商品特性を軸に発想したものとな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。