障害者の就労について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数822
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    現在、自立支援法の中で一般就労への道すじを作ろうとしている。しかし、その中身は伴っていない。まったくわかっていないのが現状である。
    その中で一般就労と福祉的就労の線引きを図ろうとしていた。最初の自立支援法案では、一般就労のみが優先されてきた。後から「生きがい」という言葉を足しているが、今回の法案はお金を落とすことを重要としている考えを国側が示しているということである。障害者本人の障害程度によっては、福祉的就労は本人にとって生きがいになっている場合もある。障害者自身の社会参加を否定するような政策はやめるべきである。なりたくて誰もが障害者になったわけではないのである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現在、自立支援法の中で一般就労への道すじを作ろうとしている。しかし、その中身は伴っていない。まったくわかっていないのが現状である。
    その中で一般就労と福祉的就労の線引きを図ろうとしていた。最初の自立支援法案では、一般就労のみが優先されてきた。後から「生きがい」という言葉を足しているが、今回の法案はお金を落とすことを重要としている考えを国側が示しているということである。障害者本人の障害程度によっては、福祉的就労は本人にとって生きがいになっている場合もある。障害者自身の社会参加を否定するような政策はやめるべきである。なりたくて誰もが障害者になったわけではないのである。
    一般就労では「法定雇用率」が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。