フランチャイジングの特質と課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,257
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     フランチャイジングという言葉は今までにもどこかで聞いたことはあった。母も、「フランチャイジングかぁ。公文とかもフランチャイジングの一つよ」と口をはさんできた。しかし、その言葉の意味がわからず、レポートを書くための課題として、この「フランチャイジング―米国における発展過程―」を読み始めても、その時代によってフランチャイジングの定義が異なるとかいうことでいま一つその意味を理解出来なかった。とりあえず本書によると、現代におけるフランチャイジングは「大企業と小企業とが結合して単一の管理単位を形成する方法」と定義されてはいた。もっとわかりやすい説明はないかと思い、インターネットで調べてみた。ネットで見つけた、「フランチャイズ研究所」によると、フランチャイズとは「事業者(フランチャイザー)が他の事業者(フランチャイジー)との間に契約を結び、自己の商標、サービスマーク、トレードネーム、その他の営業の象徴となる標識及び経営のノウハウを用いて、同一のイメージのもとに商品の販売その他の事業を行う権利を与え、一方、フランチャイジーは、その見返りとして一定の対価を支払い、事業に必要な資金を投下してフランチャイザーの指導及び援助のもとに事業を行う両者の継続的関係をいう」らしい。フランチャイズというのは、英語の「franchise」(権利を与える)という言葉からきていて、フランチャイズ・ビジネスでは権利を与える者をフランチャイザーというように呼んでいる。
     フランチャイジングの中でもその種類は分かれている。プロダクト・フランチャイズは大量生産原理のフランチャイズ産業で、小売店舗を利用して製品を販売するもので、自動車産業、ミシン産業がそれを実行していた。プロダクト・フランチャイズは1840年代に始まり、代理店システムを修正したものだった。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    フランチャイジングの特質と課題 
     
    フランチャイジングという言葉は今までにもどこかで聞いたことはあった。母も、「フランチャイジングかぁ。公文とかもフランチャイジングの一つよ」と口をはさんできた。しかし、その言葉の意味がわからず、レポートを書くための課題として、この「フランチャイジング―米国における発展過程―」を読み始めても、その時代によってフランチャイジングの定義が異なるとかいうことでいま一つその意味を理解出来なかった。とりあえず本書によると、現代におけるフランチャイジングは「大企業と小企業とが結合して単一の管理単位を形成する方法」と定義されてはいた。もっとわかりやすい説明はないかと思い、インターネットで調べてみた。ネットで見つけた、「フランチャイズ研究所」によると、フランチャイズとは「事業者(フランチャイザー)が他の事業者(フランチャイジー)との間に契約を結び、自己の商標、サービスマーク、トレードネーム、その他の営業の象徴となる標識及び経営のノウハウを用いて、同一のイメージのもとに商品の販売その他の事業を行う権利を与え、一方、フランチャイジーは、その見返りとして一定の対価を支払い、..

    コメント2件

    inyusuke 購入
    内容は充実。が、期待してものとは違った。
    2006/07/12 1:49 (10年5ヶ月前)

    apuacjp 購入

    2006/07/17 1:04 (10年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。