「ユビキタス・ネットワーク社会の今後」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,373
ダウンロード数31
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「ユビキタス(ubiquitous)」とは、ラテン語で「同時に至るところに存在(偏在)する」という意味である。インターネットなどの情報ネットワークに、誰もが、いつでもどこからでもアクセスできる環境を指し、ユビキタスが普及すると場所にとらわれない働き方や娯楽が実現出来るようになる。このような状態が「ユビキタス・ネットワーク社会」と呼ばれるものである。
     現代、私たちは家庭や職場におけるインターネット接続、携帯電話に代表されるモバイル、公衆無線LANサービス(ホットスポットサービス)に代表されるワイヤレスネットワークなどに囲まれている。しかし、ユビキタスネットワークが目指しているものはもっと上である。今はまだ多くは、場所を移動すると対応する端末を切り替える必要があり、さまざまなインターネット接続端末に囲まれていても、常に1ユーザー1端末の閉じた世界のままだ。ユビキタスネットワークが実現すると、自分が移動するのにつれて接続端末をシームレスに切り替えることが可能になるらしい。それはたとえば、こんなことである。ホットスポットサービスを提供しているカフェで自分のノートPCからインターネットに接続し何かを調べながらコーヒーを飲んでいたとする。コーヒーを飲み終われば店を出なければならず、そのために一時的にネットワークから切断されてしまうだろう。自動車に乗って次の目的地である図書館へ移動している間は、車載システムからネットワークに接続しなければならない。図書館に着いたら、目の前にプリンターがあるというのに、自分のPCからデータをプリントアウトできない、というような状況がなくなり、究極的には、いつでもどこからでもインターネットにアクセスするために、ノートPCやPDAといった端末を携帯する必要性もなくなるかもしれないのだ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

      「ユビキタス・ネットワーク社会の今後」
    「ユビキタス(ubiquitous)」とは、ラテン語で「同時に至るところに存在(偏在)する」という意味である。インターネットなどの情報ネットワークに、誰もが、いつでもどこからでもアクセスできる環境を指し、ユビキタスが普及すると場所にとらわれない働き方や娯楽が実現出来るようになる。このような状態が「ユビキタス・ネットワーク社会」と呼ばれるものである。
     現代、私たちは家庭や職場におけるインターネット接続、携帯電話に代表されるモバイル、公衆無線LANサービス(ホットスポットサービス)に代表されるワイヤレスネットワークなどに囲まれている。しかし、ユビキタスネットワークが目指しているものはもっと上である。今はまだ多くは、場所を移動すると対応する端末を切り替える必要があり、さまざまなインターネット接続端末に囲まれていても、常に1ユーザー1端末の閉じた世界のままだ。ユビキタスネットワークが実現すると、自分が移動するのにつれて接続端末をシームレスに切り替えることが可能になるらしい。それはたとえば、こんなことである。ホットスポットサービスを提供しているカフェ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。