「デルの革命」を読んで−デルから学べること−

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数487
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    このレポートを書くための課題として「デルの革命」を読んだわけだが、その内容を軽くまとめてみる。この本の著者であるマイケル・デルは、子供の頃から家族の影響でビジネスチャンスというものに敏感であった。十五歳の誕生日に両親にせがんでアップル?を買ってもらったが、設計や構造に興味を持ち、すぐに分解してしまった。コンピューターに興味を持ちながらも、両親の希望でテキサス大学に入学した。大学に通いながら寮の一室で創業した。ビジネスが成長を続けた時、フルタイムでの事業への専念による可能性を考え始め、両親に黙って大学一年が終わった時点で中退した。元手は1000ドルであったが、ダイレクト・モデルによる驚異的急成長で全米第1位のPCメーカーとなった。
     デルの成功要因は一言では言えない。そもそもデルの考え方自体が斬新で他とは違うのだと思う。デルの考え方の多くは子供の頃からのものが多いようである。無駄なプロセスを省略したいというところから中間業者を排除することなどである。家庭環境のために常に、ここにはビジネスチャンスがあるという視点で考える癖があったことも他社に差をつけることが出来た要因として挙げられると思う。また、いつも目標を高いところに設定している。十八歳の時点で、「IBMよりも優れたコンピューターを作り、直接販売することで顧客により大きな価値とサービスを提供し、業界でナンバーワンになること」を考えていたのには驚く。著者自身も書いている通り、はっきり言って頭がおかしいと思ってしまう。しかし、実際にIBMを抜いたわけだから、すばらしい。その大きな野望を実現出来たことには、失敗を恐れず仮に失敗しても、そこから何かを学び、同じ失敗を二度と繰り返さないようにしようという姿勢があるからだ。オリンピックの時にも、「オリンピック」という開発コード名のもとで一連の製品を発売する計画を立てていた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

       「デルの革命」を読んで-デルの経営手法から学べること-
     このレポートを書くための課題として「デルの革命」を読んだわけだが、その内容を軽くまとめてみる。この本の著者であるマイケル・デルは、子供の頃から家族の影響でビジネスチャンスというものに敏感であった。十五歳の誕生日に両親にせがんでアップルⅡを買ってもらったが、設計や構造に興味を持ち、すぐに分解してしまった。コンピューターに興味を持ちながらも、両親の希望でテキサス大学に入学した。大学に通いながら寮の一室で創業した。ビジネスが成長を続けた時、フルタイムでの事業への専念による可能性を考え始め、両親に黙って大学一年が終わった時点で中退した。元手は1000ドルであったが、ダイレクト・モデルによる驚異的急成長で全米第1位のPCメーカーとなった。
     デルの成功要因は一言では言えない。そもそもデルの考え方自体が斬新で他とは違うのだと思う。デルの考え方の多くは子供の頃からのものが多いようである。無駄なプロセスを省略したいというところから中間業者を排除することなどである。家庭環境のために常に、ここにはビジネスチャンスがあるという視点で考える癖があ..

    コメント1件

    kuroinu 購入
    フォントでかすぎ
    2006/04/21 10:11 (10年7ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。