『経営戦略と組織』を読んで

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,298
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.本書の要約
    今回、この経営史のレポートを書くにあたって、『経営戦略と組織』(アルフレッド・チャンドラー著)を課題として読んだ。まず、以下に簡単に本書の要約を示す。
    本書は序章と第1章から第7章、そして終章から成る。序章では本書の趣旨と第1章から第7章までの内容を大まかに説明している。経営戦略に従って組織が形成された歴史上で、デュポン、GM,スタンダード石油、シアーズ・ローバックは相互の間でも無関係に事業部制を創り上げたが、簡単に言うと、本書は合衆国の経営管理史と、さらに広いアメリカ経済の変遷を明らかにしようとするものである。そのため、焦点はアメリカ産業における近代的「分権」制組織の革新と普及にあてられている。また序章では、本書に用いられる言葉の定義が行われている。第1章は合衆国の大企業における成長と経営管理の変遷の型の概観である。第2章から第5章は先に示した4社の経営管理史の事例研究である。なぜ、その会社では管理の改革が行われたのか、それはどのような改革で、どのように行われたのかという視点から行われたのかということを示している。第6章は4社における組織革新の比較分析で、第7章は「分権」制を受け入れた、または拒絶した会社についての検討、そして終章では、アメリカの大産業企業が経営資源をどのように活用したかの歴史を段階別に区切って説明している。以上が本書の要約である。
    2.レポートの方向性について
    まず、このレポートを書く上での方向性を予め示したい。本書は『経営戦略と組織』というタイトルの通り、端的に言えば組織について書かれてある。その中でも重視されているのは新しい組織が必要とされる、つくられる過程というものである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

       『経営戦略と組織』を読んで                
    1.本書の要約
    今回、この経営史のレポートを書くにあたって、『経営戦略と組織』(アルフレッド・チャンドラー著)を課題として読んだ。まず、以下に簡単に本書の要約を示す。
    本書は序章と第1章から第7章、そして終章から成る。序章では本書の趣旨と第1章から第7章までの内容を大まかに説明している。経営戦略に従って組織が形成された歴史上で、デュポン、GM,スタンダード石油、シアーズ・ローバックは相互の間でも無関係に事業部制を創り上げたが、簡単に言うと、本書は合衆国の経営管理史と、さらに広いアメリカ経済の変遷を明らかにしようとするものである。そのため、焦点はアメリカ産業における近代的「分権」制組織の革新と普及にあてられている。また序章では、本書に用いられる言葉の定義が行われている。第1章は合衆国の大企業における成長と経営管理の変遷の型の概観である。第2章から第5章は先に示した4社の経営管理史の事例研究である。なぜ、その会社では管理の改革が行われたのか、それはどのような改革で、どのように行われたのかという視点から行われたのかということ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。