書評(陣内秀信『南イタリアへ! 地中海都市と文化の旅』)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数711
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.要約
    様々な文化が交錯し、歴史の重みがある南イタリアには、個性的で魅力ある都市が数多く眠っている。イタリアの南北問題において、後進性ばかりが強調される南イタリアだが、時代の価値観は変化し始め、新たな注目を集めている。そうした南イタリアの都市の魅力を紹介したい。
    ナポリ
    経済が破綻した治安の悪い街から、新たな力を持った都市として注目を集めているナポリは、現在世界にある中で最も古い都市のひとつである。それは、古代ギリシアの植民都市ネアポリス(新市)として形成され、格子状の都市構造は現在も受け継がれている。
    古代ギリシア人は建設用石材として地下から材料を調達したが、次のローマ人が地下空洞を貯水槽として活用し、それらを横穴で繋ぐことで地下の迷宮都市が生れた。中世にはゴシック様式がもたらされた。道路沿いの壁にはマリアや聖人を祀った祠が数多く存在する。様々な時代に形成された街区が織り成すナポリの豊かさは、奥深い。
    ラクイラ
    この都市は、13世紀中頃に<99>のカステッロ(村)が建設した、中世のニュータウンである。神聖ローマ皇帝フリードリヒ二世の命によって、その基礎が形作られたラクイラだったが、その庶子マンフレディとの対立によって焼き打ちに遭ってしまう。後にシャルル・ダンジューによって再建されたのが現在のラクイラである。
    丘陵地帯にある中世都市ラクイラだが、その西に広がる平野の端には、アミテルヌムという古代ローマ都市があった。平坦地を好んでローマ人は都市を築いたが、後の異民族による侵入によって人々がより安全な丘陵・山の斜面へと移っていったためである。
    ラクイラの経済は羊の産業によるところが大きいが、冬の寒さが厳しいため、羊達を年の半分の間、南へ移動させることで凌いだ。それをトランズマンツァという。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    陣内秀信『南イタリアへ! 地中海都市と文化の旅』(講談社、1999)
    要約
    様々な文化が交錯し、歴史の重みがある南イタリアには、個性的で魅力ある都市が数多く眠っている。イタリアの南北問題において、後進性ばかりが強調される南イタリアだが、時代の価値観は変化し始め、新たな注目を集めている。そうした南イタリアの都市の魅力を紹介したい。
    ナポリ
    経済が破綻した治安の悪い街から、新たな力を持った都市として注目を集めているナポリは、現在世界にある中で最も古い都市のひとつである。それは、古代ギリシアの植民都市ネアポリス(新市)として形成され、格子状の都市構造は現在も受け継がれている。
    古代ギリシア人は建設用石材として地下から材料を調達したが、次のローマ人が地下空洞を貯水槽として活用し、それらを横穴で繋ぐことで地下の迷宮都市が生れた。中世にはゴシック様式がもたらされた。道路沿いの壁にはマリアや聖人を祀った祠が数多く存在する。様々な時代に形成された街区が織り成すナポリの豊かさは、奥深い。
    ラクイラ
    この都市は、13世紀中頃に<99>のカステッロ(村)が建設した、中世のニュータウンである。神聖ローマ皇帝フ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。