唾液アミラーゼの活性

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数12
閲覧数1,322
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    種々の緩衝液及び唾液のpH測定とデンプン粒子の観察を行う

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

     
    唾液アミラーゼの活性の測定
     
    H17.11月01日
    11月08日
    11月15日
    11月22日
    zk04006  
    赤松・洗川・飯吉・磯林
    1班市川 裕子  
    唾液アミラーゼ活性の測定Ⅰ
    [目的]・・・種々の緩衝液及び唾液のpH測定とデンプン粒子の観察を行う
    緩衝液、唾液のpH測定
    [溶液、器具]
    2M酢酸緩衝液
    2Mリン酸緩衝液
    唾液
    pHメーター、水、洗浄瓶
    50mlビーカー、メスピペット
    [方法]
    ①唾液の希釈
    100mlのビーカーに唾液を5mlほど取った。
    50mlのビーカーに水をメスピペットで27ml加えた。
    2のビーカーに唾液をホールピペットで3ml加えガラス棒でよく混和した。
    ②pHの測定
    電極を水で洗浄しティッシュペーパーで軽く水を拭き取った。
    酢酸緩衝液、リン酸緩衝液のpHを測定し、ラベルをした。
    ラベルしたサンプルは実験台中央に一列に並べた。
    同様に唾液のpHを測定した。
    pH測定を終えたら、電極を水でよく洗浄した。
    デンプン粒子の観察
    [溶液、器具]
    10%馬鈴薯デンプン溶液、10%小麦デンプン
    ヨウ素液
    パスツールピペット、ニップル
    スライドグラス、カバーグ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。