五十音の成り立ち

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数1,608
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    かねてから興味のあった「五十音の成り立ち・発音」について調べ、レポートにまとめてみることにしました。

    五十音図はインドのサンスクリット語を書き表す梵字(デーヴァナーガリー文字)の配列にその起源があるようです。「あかさたなはまやらわをん」の順序もそれなりに理由があるのだろう、と考えて「あかさたなはまやらわをん」と自分で発音してみると、なるほど、昔の人のやったことは古い、と言って馬鹿にしてはいけないということが実感できます。
    「あ」の音声は喉の一番奥のほうから発声されて、その次の「か」は少し前のほうで発声されて、「さ」は更にその前で、という具合に喉の奥から順に口先・鼻先へと発声される場所の移動が整理されている、と私には感じられました。
    そうすると、「は」が「ふぁ」から来ていることの痕跡がこの順番に見えてきます。「な」と「ま」の間に両唇を使って発声する「ふぁ」が来るのは道理にかなっているように思われます。
    さらに興味深いのは「ら」の位置です。「ら」は「や」と「わ」の間に置かれています。「や(ya)」「わ(wa)」は半母音です。そして、日本語の「ら」行にも半母音として扱われた可能性があります。これは又「和語はラ行が語頭に来ない」ことと何らかの関係があるのかもしれない、と思いました。
     スペイン語に「LL」という文字があります。これで一文字として独立しているものなのですが、スペイン語の辞書を引いてみるとたしかに「L」の項が終わってから「LL」の項が始まることを確かめることができます。この「LL」は日本のスペイン語入門書などでは「リャ・リュ・リョ」と発音するかのように説明されていることがありますが、実際は語・人によって(英語の音)「y」と「j」の間を揺れ動く音であるようなのです。「lluvia(雨)」は「ジュビア」と「ユビア」の間のどこに置いても正しい発音として扱われているようです。
     ここからは私の推測です。
    ..........

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    かねてから興味のあった「五十音の成り立ち・発音」について調べ、レポートにまとめてみることにしました。
    五十音図はインドのサンスクリット語を書き表す梵字(デーヴァナーガリー文字)の配列にその起源があるようです。「あかさたなはまやらわをん」の順序もそれなりに理由があるのだろう、と考えて「あかさたなはまやらわをん」と自分で発音してみると、なるほど、昔の人のやったことは古い、と言って馬鹿にしてはいけないということが実感できます。 「あ」の音声は喉の一番奥のほうから発声されて、その次の「か」は少し前のほうで発声されて、「さ」は更にその前で、という具合に喉の奥から順に口先・鼻先へと発声される場所の移動が整..

    コメント3件

    landsman 購入
    すばらしい!
    2005/11/12 11:40 (11年1ヶ月前)

    teppohuo 購入
    2数目は表のみで、総字数は1200字程度。
    2006/02/02 2:40 (10年10ヶ月前)

    hanngeki 購入
    この字数、この内容でこの価格はお得。
    2007/01/14 16:39 (9年11ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。