福祉国家の思想と原理について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数991
ダウンロード数40
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    福祉国家の基礎とされるものは、主として資本主義のもと、国民全体の福祉増進を確保し、すべての国民に人間らしい文化的最低限度の生活を保障しようとする、「社会保障制度の構築」が挙げられる。福祉国家の思想とは、社会保障制度を、「国家の義務」として実践することであり、福祉国家の原理とは、国民の最低生活の保障を「国家の責任」において実行することである。
    この考え方を提示したものに「ベヴァリッジ報告書」がある。これは、イギリスにおいて、第二次世界大戦中、戦時下の国民生活の一般的困窮状況の中で、個々の努力ではどうすることも出来ない一般的生活水準の維持向上と、全ての国民に出来る限りの快適な生活を保障するために、19  42年ウィリアム・ヘンリー・ベヴァリッジによって公表された。「社会保険および関連する諸サービス」というこの報告書は、イギリス政府によって、第二次世界大戦後の資本主義国家における社会保障制度の構築に大きな影響を与えた。また、19  45年、家族手当法・産業災害保険法、19  46年、国民保険サービス法・国民保険法、19  48年、国民扶助法・児童法が、具体的法制度として整備された。これが、「ゆりかごから墓場まで」、全ての国民の幸福を保障しようとする国家的福祉計画具体化の始まりであり、これによりイギリスは世界最初の福祉国家と呼ばれるようになったのである。
    ベヴァリッジ報告書は、この福祉国家体制の中核をなす社会保険・公的扶助・社会福祉サービスの指導理念として、それぞれが「国家による広範な社会政策の一環」として相互連携的に運用されることを強調した上で、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「福祉国家の思想と原理について述べよ。」
    福祉国家の基礎とされるものは、主として資本主義のもと、国民全体の福祉増進を確保し、すべての国民に人間らしい文化的最低限度の生活を保障しようとする、「社会保障制度の構築」が挙げられる。福祉国家の思想とは、社会保障制度を、「国家の義務」として実践することであり、福祉国家の原理とは、国民の最低生活の保障を「国家の責任」において実行することである。
    この考え方を提示したものに「ベヴァリッジ報告書」がある。これは、イギリスにおいて、第二次世界大戦中、戦時下の国民生活の一般的困窮状況の中で、個々の努力ではどうすることも出来ない一般的生活水準の維持向上と、全ての国民に出来る限りの快適な生活を保障するために、19 42年ウィリアム・ヘンリー・ベヴァリッジによって公表された。「社会保険および関連する諸サービス」というこの報告書は、イギリス政府によって、第二次世界大戦後の資本主義国家における社会保障制度の構築に大きな影響を与えた。また、19 45年、家族手当法・産業災害保険法、19 46年、国民保険サービス法・国民保険法、19 48年、国民扶助法・児童法が、具体的..

    コメント6件

    aks74u 購入
    ベヴァリッジ報告についてはあまり出てこなかったので参考になりました。
    2006/04/22 11:46 (10年7ヶ月前)

    fivexrose 購入
    分かりやすくまとめられていて良かったです。
    2006/05/13 22:00 (10年7ヶ月前)

    wakabadai 購入
    参考になりました
    2006/09/28 3:59 (10年2ヶ月前)

    akim28 購入
    参考になりました
    2006/10/18 13:14 (10年1ヶ月前)

    future 購入
    参考になりました。
    2007/05/07 10:58 (9年7ヶ月前)

    yuuki407 購入
    ベヴァリッジ報告について詳しく書かれ、参考になりました
    2007/10/15 8:03 (9年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。