個別援助技術(ケースワーク)の原則と進め方について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数780
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1・ケースワークの原則
    ケースワーク(個別援助技術)は、心理的・社会的な生活課題を抱えている個人や家族に対して、その課題を解決するために個別的に援助する技術である。ケースワークは、クライエントとケースワーカーとの専門的で信頼的な人間関係のうえに成立する。
    利用者本人が問題を持ち込んだ場合も、本人以外が問題を持ち込んだ場合も、問題可決の過程の主役は利用者本人なのだということが重要である。援助者は利用者を専門的知識と技術によって支え、共に問題解決にあたるものでなければならない。
    そのために不可欠なものが、ソーシャルワーカーとして修得しなければならない基本的な以下の原則である。
    ?クライエントを個人として捉える
    ?クライエントの感情表現を大切にする
    ?援助者は自分の感情を自覚して吟味する
    ?受けとめる
    ?クライエントを一方的に非難しない
    ?クライエントの自己決定を促して尊重する
    ?秘密を保持して信頼感を醸成する
    2・個別援助技術の展開過程
    個別援助技術は、その成立以来専門性を求め、それを利用者と援助者の知識と技法が駆使される援助の展開過程の中に見出そうとしてきた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    個別援助技術(ケースワーク)の原則と進め方について述べよ。
    1・ケースワークの原則
    ケースワーク(個別援助技術)は、心理的・社会的な生活課題を抱えている個人や家族に対して、その課題を解決するために個別的に援助する技術である。ケースワークは、クライエントとケースワーカーとの専門的で信頼的な人間関係のうえに成立する。
     利用者本人が問題を持ち込んだ場合も、本人以外が問題を持ち込んだ場合も、問題可決の過程の主役は利用者本人なのだということが重要である。援助者は利用者を専門的知識と技術によって支え、共に問題解決にあたるものでなければならない。
    そのために不可欠なものが、ソーシャルワーカーとして修得しなければならない基本的な以下の原則である。
    クライエントを個人として捉える
    クライエントの感情表現を大切にする
    援助者は自分の感情を自覚して吟味する
    受けとめる
    クライエントを一方的に非難しない
    クライエントの自己決定を促して尊重する
    秘密を保持して信頼感を醸成する
    2・個別援助技術の展開過程
    個別援助技術は、その成立以来専門性を求め、それを利用者と援助者の知識と技法が駆使される援助の展開過程の中に..

    コメント1件

    matt1128 購入
    参考になりました。
    2007/08/25 22:06 (9年3ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。