総合演習(test)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数439
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    シックスクールの原因と健康リスク
    住宅の高気密化や科学物質を放射する建材・内装材の使用等により、新築・改築後の住宅やビルにおいて、科学物質による室内空気汚染等によって、居住者等に種々の体調不良の症状を呈することが表面化してきた。
     シックスクール問題とは、このような健康被害が学校施設等に起因すると考えられる場合に加え、体質等により極微量な科学物質に敏感に反応するいわゆる「科学物質過敏症」の児童生徒の対応を含めた複合的な問題の総称である。科学物質による体調不良の症状は、神経機能障害免疫系、内分泌系の機能障害もみられるなどの特徴があるが、初期の段階や軽度の場合は不定愁訴が中心で他の疾病と間違われやすく、しかも発症には個人差があり、原因となる物質も多種多様のきわめて複雑な症候群である。学校においては、このような化学物質に起因する健康問題が発生しないように、原因と疑われる物質の低減を図ることが重要である。
    学校における化学物質による健康問題
    ⒜シックハウス症候群;住居や学校の新築・改装等の直後に建材、塗料等の施工材及び家具、机いす等の学校用備品等に由来するホルムアルデヒド、トルトン等の化学物質に汚染された室内空気の暴露によって、目や気道鼓膜の刺激症状や頭痛、めまい、疲労などの様々な体調不良を起こすもので、原因となる建築物を離れるとその症状は和らぐという特徴がある。
     科学物質が使用されていない、あるいは使用の少ない材料を選ぶことが基本になるが、換気対策を十分に行う事により、原因の物質の空気中濃度を低減させることがこの問題への対応で最も重要となる。
    ⒝科学物質アレルギー;教材、文具、床ワックス、芳香剤、洗剤、殺虫剤等に含まれる特定の化学物質の暴露によって、アレルギー症状を引き起こしたり、既往症が悪化するもので、原因物質を特定することが重要である。この場合、特定された物質を除去することが対応となる。
    フロンガスなどによるオゾン層破壊のもたらす健康障害について
    オゾンとは、O3、Oは酸素、つまりオゾンとは酸素が3つ集まった事で、オゾン層とは成層圏(成層圏とは、地球と宇宙の間の4つに分けられる層の一つ)にあるオゾン層の事で、有害な紫外線を吸収して地球上の生物を守っている。
     「オゾン層の破壊」とは、その紫外線を吸収する働きを持っているオゾン層を破壊しまう現象である。原因はフロンガスで、フロンとは炭化水素の水素を塩素やフッ素で置き換えた数多くの物質の総称である。フロンは他の物質と反応せず、ほとんど無毒で、冷蔵庫やエアコンの冷媒、電子回路などの精密部品の洗浄剤、クッションやウレタンなどの発泡剤、スプレーの噴射剤など広く使用されてきた。特定の種類のフロンは大気中に放出されると、対流圏ではほとんど分解されずに成層圏に達し、太陽からの強い紫外線を吸収して分解、塩素分子を放出し、この塩素分子がオゾンを酸素分子に分解する。
     オゾン全量の1%の減少により、地上に到達する紫外線は2%増加し、この紫外線の増加は人の健康や生態系への悪影響を生む。
    ⒜オゾン層が1%減少すると、皮膚がんの発生が2%増加、白内障が0.6%~0.8%増加すると推定される。
    ⒝海洋生態系の基礎となる浅海域の動植物プランクトンに致命的な打撃を受ける。
    ⒞穀物等農業生産の減少も懸念される。
    ⒟光化学スモックの悪化などが考えられている。
    喫煙と健康障害について
    タバコ煙には、200種類以上の発癌物質と発癌促進物質が含まれており、肺癌、喉頭癌以外では、すい臓癌、食道癌、膀胱癌、子宮癌などもタバコ煙が原因として疑われ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    シックスクールの原因と健康リスク
    住宅の高気密化や科学物質を放射する建材・内装材の使用等により、新築・改築後の住宅やビルにおいて、科学物質による室内空気汚染等によって、居住者等に種々の体調不良の症状を呈することが表面化してきた。
     シックスクール問題とは、このような健康被害が学校施設等に起因すると考えられる場合に加え、体質等により極微量な科学物質に敏感に反応するいわゆる「科学物質過敏症」の児童生徒の対応を含めた複合的な問題の総称である。科学物質による体調不良の症状は、神経機能障害免疫系、内分泌系の機能障害もみられるなどの特徴があるが、初期の段階や軽度の場合は不定愁訴が中心で他の疾病と間違われやすく、しかも発症には個人差があり、原因となる物質も多種多様のきわめて複雑な症候群である。学校においては、このような化学物質に起因する健康問題が発生しないように、原因と疑われる物質の低減を図ることが重要である。
    学校における化学物質による健康問題
    ⒜シックハウス症候群;住居や学校の新築・改装等の直後に建材、塗料等の施工材及び家具、机いす等の学校用備品等に由来するホルムアルデヒド、トルトン等の化学物質..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。