児童環境保険論(test)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数427
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    《児童環境保険論》
    (1)児童の成長過程と環境刺激との相互作用について
    ①急激な都市化、人工化→セリエのいう物理化学的環境ストレスに対する自律神経系・内分泌系を介した警告反応→生理的反応「低体温傾向児」「過敏症体質児」「自律神経不安定症」から病的反応―社会病理的現象としての不登校児、非登校児、学習障害やいじめなどの各種の不適応行動の出現。
    →自然環境から隔離され、温度、気圧、日照など気象条件の急激な変動や季節変動を直接肌で受け止める機会をほとんど受けることのない生活を営む子どもほど多い。
    ②「子どもは風の子」;戸外で身体いっぱいに冷刺激を受け、身体を動かし遊ぶ子→感染しても発病しにくく、発病しても治りが早い。鍛練→アレルギー反応を抑制し、風邪をはじめ各種感染予防に何故効果?
    例;厳しい自然環境を積極的に取り込んだ-日光浴や外気浴、薄着の習慣など、皮膚・粘膜への鍛練保育―-山梨県甲府盆地内「はだか保育園」→著しい加齢による減衰傾向。
    冷たい空気を呼吸、冬でも上半身裸の皮膚を刺激→寒冷血管反応の発現による血管調整域の適応拡大と共に自立神経系―副腎皮質の機能が関与、上皮細胞下産生され、粘膜に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。