地域看護学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数957
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    地域社会と地域看護(地域保健)の考え方を論ぜよ。
    ⑴地域社会
    地域社会とは何か。
    地理的環境の共有+共同体感覚=一定の環境や特長を共有する人々の集まりである。
    社会学では、「一定の目的のために人間が組織するもので、家族、仲間集団、学校、企業、官庁、政党、その他様々な団体や自発的社会がこれに属し、その最大のものが国家」と交差する分析軸である。また、社会学でいう地域社会は都市と村落に分かれ、国民社会がその最大のものである。
     ちなみに社会の定義は、複数の人々の集まりで⒜成員相互の間に相互行為ないしコミュニケーション行為による意思疎通が行われること、⒝それらの相互行為ないし、コミュニケーション行為による意思疎通が行われていること、⒞それらの人々が何らかの度合いにおいてオーガナイズされていること、⒟成員と非成員とを区別する境界が確定していること、という4つの条件を満たすものとされている。
     それでは、保健活動の際に「地域」が重要な理由として⒜共通の環境条件が健康問題の発生・発現に大きく関与、⒝健康問題の解決に必要な資源・行動規範等が、その地域のあり方により大きく規定されるという点である。しかし、いくら保健サービスをシステムとして整備しても、地域の事情によっては利用されないので、地域にあった保険活動が必要である。
    地域の区分
     様々な定義があるが、
    ⒜近隣、集落等の小地域(地区レベル);字、自治会など行政の末端組織として機能している最小単位である。組織が良く機能している地域もあれば、大都市などが機能していない地域がある。
    ⒝県、保健所管轄区、市町村などの行政区域;政策実施の単位。首長が方針決定権を持つ。地域保健法制定後重要性が増した。
    ⒞医療圏、通勤・通学圏など生活行動圏;生活の場としての地域。上水水質など広域の問題があるので、⒝より広い単位での政策が立てられる必要がある場合がある。
    ⒟離島・山村などの僻地;問題が多く、それが地域特性により異なる
    等に区分されることが多い。勿論、これらは完全に異なるというよりも重なり合っている。
    地域特性とその指標;
    ⒜地域特性を把握するための指標;自然環境、産業・経済、行政・財政、交通・通信、生活環境、教育・学習環境、生活・文化、住民の意識・要望・要求などが挙げられる。
     ⒝健康問題を把握するための指標;人工動態、死因統計、疾病の状況、医療費の状況、予防接種状況、在宅ケアの状況など。
     ⒞地域で利用出来る社会資本;保健医療機関、福祉関係機関、教育関係機関、自治会等の地区組織、保険推進員、民生委員、市民団体、等のサービスのような指標を調べ(地域により質的研究も組み合わせて)、地域特性を把握することが必要である。
    ⑵地域保健の特長と展開
     ①地域保健;総合保険-包括医療的な考え方は、1960年代以降世界的に提唱されてきた。具体的に保持増進を図れるように、必要な保健技術を地域社会に見合った形で組織的に提供し、その健康生活を支援していく一連の活動過程である。
     ②地域保健展開上の留意点;⒜特定集団;ハイリスクグループへのケアか、集団全体的の底上げが必要かを見極める必要がある。⒝一人一人の健康問題は、地域社会共通の問題という認識に基づいた働きかけの重要性、⒞対象者の参加に際し、その人達が地域で生活していることを認識する重要性、⒟地域社会の
    慣習そのものを変えることの力強さ、(e)地域社会に権限を与え、住民自身の事故解決能力(エンパワーメント)を養うことの重要性。
     ④地域保健展開上の留意点;⒜特定集団;ハイリ
    スクグループへのケア

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    地域社会と地域看護(地域保健)の考え方を論ぜよ。
    ⑴地域社会
    地域社会とは何か。
    地理的環境の共有+共同体感覚=一定の環境や特長を共有する人々の集まりである。
    社会学では、「一定の目的のために人間が組織するもので、家族、仲間集団、学校、企業、官庁、政党、その他様々な団体や自発的社会がこれに属し、その最大のものが国家」と交差する分析軸である。また、社会学でいう地域社会は都市と村落に分かれ、国民社会がその最大のものである。
     ちなみに社会の定義は、複数の人々の集まりで⒜成員相互の間に相互行為ないしコミュニケーション行為による意思疎通が行われること、⒝それらの相互行為ないし、コミュニケーション行為による意思疎通が行われていること、⒞それらの人々が何らかの度合いにおいてオーガナイズされていること、⒟成員と非成員とを区別する境界が確定していること、という4つの条件を満たすものとされている。
     それでは、保健活動の際に「地域」が重要な理由として⒜共通の環境条件が健康問題の発生・発現に大きく関与、⒝健康問題の解決に必要な資源・行動規範等が、その地域のあり方により大きく規定されるという点である。しかし..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。