「日本における学歴社会の変貌」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,886
ダウンロード数33
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.「学歴社会」は崩壊したのか
    現在、至るところで日本の「学歴社会」が崩壊したと言われている。「高学歴」をもちながら企業のリストラに遭うのはもはや珍しくなくなり、また学歴の有無・高低を問わないビジネスが数多く登場してきている。では、このような社会の変革の根底には一体なにが起こっているのだろうか。また、「学歴社会」は何に問題があったためにいま崩壊したと叫ばれているのだろうか。
    そこで、日本の「学歴社会」について、「学歴社会」の歴史的な変貌と現在の社会の状況をあわせながら、今後の「学歴社会」の展望についてまとめていくことにする。
    2.日本における「学歴社会」の歴史的経緯とその背景
    まず、「学歴社会」とは、「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」(*1)のことを指し、日本においては、近代学校制度が整備された明治以降を「学歴社会」としてみなすことができよう。現代においてはさまざまな角度からこの「学歴社会」は批判を受けているが、明治以降日本の「学歴社会」化が進展したことは、近代国家の発展という観点から一つの必然性を含むものであった。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「日本における学歴社会の変貌」
    1.「学歴社会」は崩壊したのか
     現在、至るところで日本の「学歴社会」が崩壊したと言われている。「高学歴」をもちながら企業のリストラに遭うのはもはや珍しくなくなり、また学歴の有無・高低を問わないビジネスが数多く登場してきている。では、このような社会の変革の根底には一体なにが起こっているのだろうか。また、「学歴社会」は何に問題があったためにいま崩壊したと叫ばれているのだろうか。
     そこで、日本の「学歴社会」について、「学歴社会」の歴史的な変貌と現在の社会の状況をあわせながら、今後の「学歴社会」の展望についてまとめていくことにする。
    2.日本における「学歴社会」の歴史的経緯とその背景
     まず、「学歴社会」とは、「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」(*1)のことを指し、日本においては、近代学校制度が整備された明治以降を「学歴社会」としてみなすことができよう。現代においてはさまざまな角度からこの「学歴社会」は批判を受けているが、明治以降日本の「学歴社会」化が進展したことは、近代国家の発展という観点から一つの必然性を含むも..

    コメント1件

    flame 購入
    参考になりました
    2009/01/21 14:23 (7年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。