「グローバリゼーションと福祉国家」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数595
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    <序論>

     「福祉国家」の発展は「国民国家」の発展に密接にリンクするものといわれている。しかしグローバリゼーションの進む現在、国民国家の象徴である独占的な政治および経済的権限が「危機」にさらされており、それによって「福祉国家」も同時に再編を迫られたのは周知のとおりである。そこで、資本主義経済という構造の中で、グローバリゼーションはどのような形で「福祉国家」の変容に影響をもたらしているのかを明らかにしながら、その結果「福祉国家」における福祉政策はどのような変化をしたのか、考察していこうと思う。

    <グローバリゼーションが福祉政策に与える影響>

     グローバリゼーションは国際経済の秩序の変容であると言える。では、「福祉国家」を「危機」へ導いたその事象とは、いったい何があるのだろうか、みていくことにする。
     まず、固定相場制から1973年以降の変動相場制への移行が挙げられよう。これにより通貨の交換比率は市場取引で決まるようになり、従来に比べて国際経済の枠組みは大幅に変化した。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    2005年度前期 比較社会規範論Ⅰレポート
    テーマ番号:Ⅰ.資本主義社会における福祉国家の機能
    「グローバリゼーションと福祉国家」
    <参考文献>
    『福祉国家の再検討』   白鳥令[著] 新評論
    『社会福祉政策』   坂田周一[著] 有斐閣アルマ
    <序論>
     「福祉国家」の発展は「国民国家」の発展に密接にリンクするものといわれている。しかしグローバリゼーションの進む現在、国民国家の象徴である独占的な政治および経済的権限が「危機」にさらされており、それによって「福祉国家」も同時に再編を迫られたのは周知のとおりである。そこで、資本主義経済という構造の中で、グローバリゼーションはどのような形で「福祉国家」の変容に影響をもたらしているのかを明らかにしながら、その結果「福祉国家」における福祉政策はどのような変化をしたのか、考察していこうと思う。
    <グローバリゼーションが福祉政策に与える影響>
     グローバリゼーションは国際経済の秩序の変容であると言える。では、「福祉国家」を「危機」へ導いたその事象とは、いったい何があるのだろうか、みていくことにする。
     まず、固定相場制から1973年以降の変動相場制..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。