家族法2:結婚の破棄と正当事由

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数362
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    正当な理由もなく婚約を履行しない者に対しては、債務不履行を理由として、あるいは婚約者としての地位を侵害した不法行為として損害賠償を請求することができる。
    婚約解消に伴う精神的苦痛を賠償すべき場合というのは、婚約解消の動機や方法などが公序良俗に反し、著しく不当性を帯びている場合に限られる。←できるだけ正当理由を緩やかに解し、婚姻の自由を保障するべき。(T141)

    (1)正当事由にならないとした例 ⇒(R10?〜?)
    ·「相性方位が悪い」として、一方的に破棄。
    ·相手の足が悪い(不具)なのを知った。
    ·行方をくらませて予定の挙式を不可能にした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    2 婚約の破棄と正当事由
    正当な理由もなく婚約を履行しない者に対しては、債務不履行を理由として、あるいは婚約者としての地位を侵害した不法行為として損害賠償を請求することができる。
    婚約解消に伴う精神的苦痛を賠償すべき場合というのは、婚約解消の動機や方法などが公序良俗に反し、著しく不当性を帯びている場合に限られる。←できるだけ正当理由を緩やかに解し、婚姻の自由を保障するべき。(T141)
    (1)正当事由にならないとした例 ⇒(R10①~④)
    「相性方位が悪い」として、一方的に破棄。
    相手の足が悪い(不具)なのを知った。
    行方をくらませて予定の挙式を不可能にした。
    挙式翌日、女性の実家に無断で帰り..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。