卒業論文「1980年代の情報技術における日本とアメリカの関係」

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数55
閲覧数425
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    目次     ・・・・・・二
    序章     ・・・・・・四
    第一章    ・・・・・・八
    第一節  ・・・・・・九
    第二節  ・・・・・一四
    第三節  ・・・・・一七
    第二章    ・・・・・・一九
    第一節  ・・・・・・二〇
    第二節  ・・・・・・二五
    第三章    ・・・・・・二九
    第一節  ・・・・・・三〇
    第二節  ・・・・・・三六
    終章     ・・・・・・四一
    注釈     ・・・・・・四五
    引用文献及び参考文献   ・・・・・・五〇
    巻末資料   ・・・・・・五二
    序章
     現代日本を生きる我々は、高度な情報通信技術の恩恵を受けながら生活している。日本は二〇〇〇年代前半に「IT革命」を経験した。その結果として全国に広がった、インターネットを中心とする各種電子情報技術は既に必要不可欠なインフラとして我々の生活に浸透している。
    これらの現在使われている情報通信に関する技術は基本的にアメリカ発である。現在インターネットで利用されているハイパーテキスト網であるWWWは一九九一年にヨーロッパで開発され全世界に公開された。その後画像などを扱えるように改良したのは米イリノイ大学の学生であ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。