BRICs(インドと中国中心)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数243
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    中国歴史日本経済アメリカ英語企業経営文化

    代表キーワード

    BRICs中国

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    はじめに
    当ゼミは「異文化」への高い関心からこのテーマを選んだ。日本人が「異文化」といった表現でまず欧米を念頭に置くだろう。しかし、日本人が真に注目すべきは地理・歴史的により密接なアジア諸国ではないか。この考えを出発点にして今回の論文は進んでいく。
    論文要旨
    世界経済において近年急速に成長を見せるBRICsと呼ばれる国々がある。ブラジル・ロシア・インド・中国の4国だ。特に中国は世界の総GDPに占める割合が13%に達し、世界第2位の経済大国へと発展した。さらにBRICs4国合計では23%とアメリカの21%を抜き去った。この動きを受けて、現在では50年後の世界GDPランキングにおいて中国、アメリカ、インド、日本、ロシア、ブラジルといった順位が現出するという予測がなされている。
    こういった中で当ゼミではBRICsの中でも上位に位置する中国とインド、この2国について見ていく。インド・中国経済それぞれの魅力はどこにあるのか、そしてその急成長の要因は何か。こういった点から日本のこれからの課題を考察していく。
    第1章 BRICsとは
     そもそもBRICsは天然資源が豊富である、膨大な人口が共通の言語..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。