朝鮮人参の特徴、効果と朝鮮人参に関する商品

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数985
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート朝鮮健康野菜

    代表キーワード

    健康野菜朝鮮人参

    資料紹介

    朝鮮人参の特徴、効果と朝鮮人参に関する商品

     朝鮮人参とは学名:Panax ginsengで 別名 オタネニンジン(御種人参)とも呼ばれる。朝鮮人参は昔から強壮補血作用で良く知られているもので本来朝鮮半島や中国東北部に自生していたウコギ科の多年草であるが、現在ではほとんどが栽培である。また野菜のニンジンとはまったくの異なるもので、赤いニンジンはセリ科、朝鮮人参はウコギ科の植物である。なお、根を天日で乾燥させたものを白参(はくじん)、湯通ししてから乾燥させたものを紅参(こうじん)という。
     日本に渡来したのは奈良時代、栽培が始まったのは江戸時代で、徳川幕府が種子を下賜したことにより、オタネニンジン(御種人参)とも呼ばれた。これが別名のオタネニンジン(御種人参)の由来である。そんなオタネニンジン(御種人参)の今、現在では、福島県、長野県、島根県で栽培し、輸出されている。ちなみに、御種人参の名は江戸幕府の八代将軍徳川吉宗が対馬藩に命じ試植させた。その後に各地の大名に種を分け栽培を奨励したことに由来すると伝えられている。
     5月ごろ淡緑色の五弁花を開き、7月になると南天に似ている赤い実をつける。薬用にするのは根の部分を乾燥させたもので、収穫できるまでには4〜5年を要している。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    朝鮮人参の特徴、効果と朝鮮人参に関する商品
     朝鮮人参とは学名:Panax ginsengで 別名 オタネニンジン(御種人参)とも呼ばれる。朝鮮人参は昔から強壮補血作用で良く知られているもので本来朝鮮半島や中国東北部に自生していたウコギ科の多年草であるが、現在ではほとんどが栽培である。また野菜のニンジンとはまったくの異なるもので、赤いニンジンはセリ科、朝鮮人参はウコギ科の植物である。なお、根を天日で乾燥させたものを白参(はくじん)、湯通ししてから乾燥させたものを紅参(こうじん)という。
     日本に渡来したのは奈良時代、栽培が始まったのは江戸時代で、徳川幕府が種子を下賜したことにより、オタネニンジン(御種人参)とも呼ばれた。これが別名のオタネニンジン(御種人参)の由来である。そんなオタネニンジン(御種人参)の今、現在では、福島県、長野県、島根県で栽培し、輸出されている。ちなみに、御種人参の名は江戸幕府の八代将軍徳川吉宗が対馬藩に命じ試植させた。その後に各地の大名に種を分け栽培を奨励したことに由来すると伝えられている。
     5月ごろ淡緑色の五弁花を開き、7月になると南天に似ている赤い実をつける..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。