SFC方式によるシーケンス制御

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数2,660
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1. 実験目的
     設計困難で複雑なシーケンス制御を比較的容易に作成することができる「SFC図(状態遷移図:機械の動作を工程順に表したもの)」という表現方法を用いて,シーケンスプログラムの設計方法を習得する.
    2. 課題?
    ・ 実験課題?
     入力リレー(X001とX002)が次の各場合において,スタートボタンX000をONにしたとき出力リレーの動作がどうなるかを確認して記入してください.
    ? X001=ON,X002=OFF(連続運転)
     Y020からY024まで順次点灯し,二順目からY021からY024まで順次点灯する.
    ? X001=OFF,X002=OFF(一巡運転)
     Y020からY024まで順次点灯し,一巡して停止する.
    ? X001=OFF,X002=ON(歩進運転)
     Y020からY024の順に,X000をON・OFFするたびに,点灯している出力リレーが消灯して次の出力リレーが点灯する.
    ・ 実験課題? コンベアラインの仕分け
     フラップを切換えて,荷物を1対2の比率で交互に仕分けさせるコンベアラインのSFC図の作成およびコーディングを行い,実行確認してください.
     同時移行禁止のために,信号のパルス化を行っている(図1).これがないと,ステートS0からS20へ,S20からS21への移行が早すぎて,全ての状態が同時に行われてしまう.
    ・ 実験課題? モータの順序始動,停止
     モータM1〜M2を図14(実験指導書8ページ参照)に示すように指導スイッチのONで順次始動し,停止スイッチのONで逆順に順次停止させるSFC図の作成およびコーディングを行い,実行確認してください.

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    工学実験レポート
    ~ SFC方式によるシーケンス制御 ~
    実験目的
    設計困難で複雑なシーケンス制御を比較的容易に作成することができる「SFC図(状態遷移図:機械の動作を工程順に表したもの)」という表現方法を用いて,シーケンスプログラムの設計方法を習得する.
    課題Ⅰ
    実験課題①
     入力リレー(X001とX002)が次の各場合において,スタートボタンX000をONにしたとき出力リレーの動作がどうなるかを確認して記入してください.
    ① X001=ON,X002=OFF(連続運転)
     Y020からY024まで順次点灯し,二順目からY021からY024まで順次点灯する.
    ② X001=OFF,X002=OFF(一巡運転)
     Y020からY024まで順次点灯し,一巡して停止する.
    ③ X001=OFF,X002=ON(歩進運転)
     Y020からY024の順に,X000をON・OFFするたびに,点灯している出力リレーが消灯して次の出力リレーが点灯する.
    実験課題② コンベアラインの仕分け
    フラップを切換えて,荷物を1対2の比率で交互に仕分けさせるコンベアラインのSFC図の作成およびコーディングを行い..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。