はりのたわみ計測による弾性理論の検証

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数2,558
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.実験目的
    簡単な実験をすることによって,構造力学(材料力学)において,何気なく利用しているはりの基礎理論を確認し,理解を深める.
    2.実験内容
    ・フックの法則の検証
    ・重ね合わせの原理の検証
    ・相反定理の検証
    ・はりのたわみ測定
    ・断面形状の効果の検討
    ・はりの影響線についての検証

    3.実験装置
    ・はり
    幅:38.3[mm] 高さ:2.8[mm] 長さ:800[mm]
    ・おもり
    ・ダイヤルゲージ
    ・つり金具
    はりは,図1のように分割して記号をつけておく.
    4.実験
    4.1フックの法則の検証
    フックの法則
    物体に力を加えて変形をおこすとき,弾性限界内においては変形の大きさは外力に比例すること.F=kxで表される.Fは外力,xは原点からの位置,kはバネ定数である.

    4.1.1実験方法
    はりのG点に荷重をかけた時のC点でのたわみを測定し,理論値と比較する.そして,y1/P1=y2/P2になることを確認する.

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    工学実験
    「はりのたわみ計測による弾性理論の検証」
    実験目的
    簡単な実験をすることによって,構造力学(材料力学)において,何気なく利用しているはりの基礎理論を確認し,理解を深める.
    実験内容
    フックの法則の検証
    重ね合わせの原理の検証
    相反定理の検証
    はりのたわみ測定
    断面形状の効果の検討
    はりの影響線についての検証
    実験装置
    はり
    幅:38.3[mm] 高さ:2.8[mm] 長さ:800[mm]
    おもり
    ダイヤルゲージ
    つり金具
    はりは,図1のように分割して記号をつけておく.
    図1 実験用はり
    実験
    1フックの法則の検証
    フックの法則
    物体に力を加えて変形をおこすとき,弾性限界内においては変形の大きさは外力に比例すること.F=kxで表される.Fは外力,xは原点からの位置,kはバネ定数である.
    4.1.1実験方法
    はりのG点に荷重をかけた時のC点でのたわみを測定し,理論値と比較する.そして,y1/P1=y2/P2になることを確認する.
    図2 実験方法
    2理論値
    断面二次モーメントは
    となる.また,鋼のヤング率はE=2.1×107[gf/mm2]となる.よって,実験レポートより, におも..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。