アメリカにおけるエスニック・マイノリティと都市問題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数2,113
ダウンロード数61
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    第1章 序論

     今期の講義の中で最も興味を持ったのは都市構造に関する話題であった。所得によって人々の居住地や通勤地が異なっているという日本ではあまり見ることの出来ない状況について学んだ。その中で特に印象的であったのは人種や民族、言語や宗教、そして出身地などが共通した人々が集まって生活するという居住分化が進んでいることである。「人種のサラダボール」などと呼ばれるアメリカでは様々な人種が同じ場所で同じような生活をしていると考えていたため居住分化という現象は非常に驚きであり、人種や民族に対する「見えない壁」の存在が感じられた。

     またニューヨーク市内でも人種や民族による居住分化が進んでいて白人と黒人の間には所得や居住地、犯罪率などの違いがあるということも学んだ。そこでアメリカにおける現在の居住分化の状況を調べて人種や民族の違いが都市問題にどのくらい影響を与えているのかについて考えることにした。アメリカのエスニック・マイノリティの起源である移民の変遷と現在の状態について調べて居住分化の状況を把握し、エスニック・マイノリティと都市問題との関係から彼らの抱える問題を知り、その解決策を考えていきたい。

    第2章 移民の変遷と現状
    第1節 移民の変遷
     アメリカ合衆国は移住してきたヨーロッパ人がネイティブ・アメリカンなどの原住民を保留地に追いつめて形成したもので移民によって作られた社会である。ネイティブ・アメリカンやエスキモーといった原住民の数は1990年現在で約196万人であるが、その半数は保留地居住区に住む最も貧しい少数民族である。彼らの所得はアメリカ人の平均の約6割にしか達していない。このようにアメリカ合衆国の形成過程において既にエスニック・マイノリティが生み出され、苦しい生活を強いられている。その後の移民の変遷は5つの段階に分けられる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    アメリカにおけるエスニック・マイノリティと都市問題
    第1章 序論
     今期の講義の中で最も興味を持ったのは都市構造に関する話題であった。所得によって人々の居住地や通勤地が異なっているという日本ではあまり見ることの出来ない状況について学んだ。その中で特に印象的であったのは人種や民族、言語や宗教、そして出身地などが共通した人々が集まって生活するという居住分化が進んでいることである。「人種のサラダボール」などと呼ばれるアメリカでは様々な人種が同じ場所で同じような生活をしていると考えていたため居住分化という現象は非常に驚きであり、人種や民族に対する「見えない壁」の存在が感じられた。
     またニューヨーク市内でも人種や民族による居住分化が進んでいて白人と黒人の間には所得や居住地、犯罪率などの違いがあるということも学んだ。そこでアメリカにおける現在の居住分化の状況を調べて人種や民族の違いが都市問題にどのくらい影響を与えているのかについて考えることにした。アメリカのエスニック・マイノリティの起源である移民の変遷と現在の状態について調べて居住分化の状況を把握し、エスニック・マイノリティと都市問題との関係か..

    コメント2件

    chiyo324 購入
    参考になりました。
    2006/01/21 15:23 (10年10ヶ月前)

    tonbo789 購入
    よかったです。
    2006/07/08 2:17 (10年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。