児童心理-科目終了

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数265
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    児童心理

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.発達における個人差について
    発達:生まれてから青年期に至るまでの心身の形成、構造、機能の質的・量的変化。個人によって速度や状態が異なるが、個人差が生じる要因として遺伝的要因と環境的要因がある。
    遺伝的要因:親からの遺伝子により受け継いだ要因
    環境的要因:家庭、社会などの環境による要因
    近年では、個人差を決定するのは「遺伝も環境も相互に影響する」と言う考えが主流である。
    2.発達の理解の方法について
    (1)観察:見たり聞いたりといった感覚的経験に基づいて行われるもの。
     ①自然的観察法:観察場面を制限することなく、自然に起こる行動を観察する方法
     ②実験的観察法:条件を整えて観察したい行動を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。