社会福祉援助技術演習

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数903
ダウンロード数22
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     高齢者分野の事例「事例4(P.43~49)」、知的障害分野の事例「事例5(P.52~57)」、子ども・家庭分野の事例「事例20(P.160~168)」の3の中から自分の関心のある事例を選び、社会福祉機関、施設、援助者による社会福祉活動で留意すべき点について述べよ。
     社会福祉士会編『社会福祉士実践事例集Ⅱ』から子ども・家庭分野の事例を取り上げて考察することとする。
     1.事例内容 Gさん(41歳)のプロフィール
    両親から虐待を受けて育ち、中学の時に数ヶ月間、教護院へ入所したことで母親を憎んでいる。20歳で結婚し、自殺未遂事故の後遺症で身体障害者手帳の上下肢4級となった。二度目の離婚後、父母の住む隣町で親子3人の生活となり、この頃から虐待が目立つようになる。過度の興奮により子どもへ攻撃的になったり、極端に子どもを可愛がったりする。
    2.援助の内容
    1991年1月
    Gさんから「子育てに疲れた」と児童家庭支援センター(以下、支援センター)に電話が入り、2度目の一次保護となる。数日後、長女からCSWに助けを求める電話が入り、長女は児童相談所の一時保護、Gさんは帰宅となった。帰宅後ガス自殺を図..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。