ソーシャルワーク(社会福祉援助技術)とその援助過程について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数5,105
ダウンロード数29
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ソーシャルワーク(社会福祉援助技術)とその援助過程について
    ソーシャルワークは、利用者の生活をトータルに、それを構成するあらゆる領域や視点から、総合的に支援するところに特徴がある。そのため、ソーシャルワークは、それらの特徴をもって利用者のニーズに対応するように体系化されていなければならない。
    その構成の仕組みや内容を整理すると、①直接援助技術(個別援助技術・集団援助技術)、②間接援助技術(地域援助技術・社会福祉調査法・社会福祉運営管理・社会活動法・社会福祉計画法)、③関連援助技術(ネットワーク・ケアマネジメント・スーパービジョン・カウンセリング・コンサルテーション)に分けることができる。
    ①直接援助技術
    利用者自身へ、直接的に行う援助技術であり、それには、個別援助技術と集団援助技術から構成されている。
    個別援助技術(ケースワーク)とは、利用者と援助者とが面接をし、利用者の立場から環境を調整し、社会福祉諸サービスの提供を通じて、抱えている問題の克服や課題の解決を、利用者自身のもつ対処能力を強化し、支援することで達成しようとするものである。 ケースワークという用語は、もともと個別的を意識した援助の提供の方法を意味する概念で、ケースとワークという二つの単語が合成され、今日の専門用語であるケースワークへと一般化されてきた。
    ケースとは、利用者への援助を個別化して行うことである。つまり利用者と状況の特殊性をよく理解し、最適の援助を提供しようとすることである。基本的には、利用者中心の援助を意味している。またワークとは、援助を提供するための関わりと、そこで果たされる機能としての支援効果を意味している。つまり、援助関係を積み上げていく過程を重要視するということである。
    集団援助技術(グループワーク)とは、対象となる人々の課題解決を、利用者と援助者とが参加し協議する小グループ活動場面の構成と過程の展開を通じて援助するところにある。今日では、社会福祉だけでなく教育や医療などの分野で、この方法が盛んに活用されるようになってきている。
    集団援助技術は、構成員と援助者との協働のもとに、集団討議つまり方法としての話し合いというコミュニケーション技法を中心に、構成員が相互に援助過程に参加し、交流を深めることにより、個々の課題解決と成長を可能にしようとするところに特徴がある。②間接援助技術
    地域福祉という地域ぐるみの援助体制づくり、社会福祉援助技術の促進や直接援助技術を有効に活用する方法のことである。それは、地域援助技術、社会福祉調査法、社会福祉運営管理、社会活動法、社会福祉計画法の以上5つから構成されており、利用者への実践的な支援効果を発揮する援助技術である。
    地域援助技術(コミュニティーワーク)とは、住民のニーズに応えて課題を解除し、社会福祉の増進のために住民や公私の機関・団体との連携や組織化、地域社会のニーズの把握、社会資源の開発、社会福祉計画の立案や運営管理を通じ、社会福祉的な地域社会づくりを目指した援助技術である。
    住民参加や専門家の支援はもちろんのこと民間や行政機関の参画と協働のうえに成り立つ活動であるが、そこには、①住民のニーズに対して直接援助技術の展開や社会福祉サービスの開発を推進すること、②地域社会にある公私の団体や組織の連携や協働への計画や調査を推進すること、③地域社会住民の啓発参加・組織化と住民による地域社会の自己開発を推進することの以上3つが、地域援助技術といわれている。
    社会福祉調査法(ソーシャルワーク・リサーチ)とは、社会問題に内包されているさまざま

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ソーシャルワーク(社会福祉援助技術)とその援助過程について
    ソーシャルワークは、利用者の生活をトータルに、それを構成するあらゆる領域や視点から、総合的に支援するところに特徴がある。そのため、ソーシャルワークは、それらの特徴をもって利用者のニーズに対応するように体系化されていなければならない。
    その構成の仕組みや内容を整理すると、①直接援助技術(個別援助技術・集団援助技術)、②間接援助技術(地域援助技術・社会福祉調査法・社会福祉運営管理・社会活動法・社会福祉計画法)、③関連援助技術(ネットワーク・ケアマネジメント・スーパービジョン・カウンセリング・コンサルテーション)に分けることができる。
    ①直接援助技術
    利用者自身へ、直接的に行う援助技術であり、それには、個別援助技術と集団援助技術から構成されている。
    個別援助技術(ケースワーク)とは、利用者と援助者とが面接をし、利用者の立場から環境を調整し、社会福祉諸サービスの提供を通じて、抱えている問題の克服や課題の解決を、利用者自身のもつ対処能力を強化し、支援することで達成しようとするものである。 ケースワークという用語は、もともと個別的を意識し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。