スポーツ健康科学講義

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数159
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    今回のスクーリングの講義をきっかけに、 自身の健康について振り返ってみた。ここ五年近くは風邪をひいて病院へ通うこともなく、歯科に通うことすらない程ありがたいことに健康である。会社の人間ドックなどの検査でも、実際何もひっかかることすらない。むしろ血液も非常に綺麗な状態であると、褒められる程である。
    厚生労働省HPには「日本人の食事摂取基準(二〇〇五)」が提示されている。三十代で身体活動レベルがⅡ(普通)である私自身は、栄養所要量は約二〇〇〇キロカロリーと考えられている。(参考文献①)
    食生活においては、結婚前まで栄養士だった母が、子供の頃より無意識に健康を考えバランスのとれた食事を食べさせていてくれていた。痩せたい一心で二十代前半の頃は極度に糖質を減らしていた時期があったが、それ以降は長年丁度よい加減で必要量は摂取できていた。現在は一人暮らしをしているが、母のお陰で私自身も同様偏食せずバランスよく食事を摂るように心がけているつもりである。
     プライベートにおいては旅行が趣味で、ここ何年か海外一人旅を年に一度のペースで続けてきた。仕事の合間の旅行はいつも一週間弱の短い旅である。アメリカ東海..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。