平安文学に見る内裏・後宮

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数165
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     『源氏物語』の「桐壺」に見られる内裏・
    後宮のかかわりについて
    1.はじめに
    平安時代の後宮の発展により、ここに住む女性達によって作り出された女流文学も洗練され、一層リアルに近づいたものとなった。
    その中でもあまりにも有名な『源氏物語』では、内裏・後宮はどのように描かれただろうか。
     冒頭は、
      いづれの御時にか、女御、更衣あまたさぶさひたまひけるなかに、いとやむごとなき際にはあらぬが、すぐれて時めきたまふありけり。
    から始まることからもわかるように、女御、
    更衣が多く宮廷に仕えた時代の物語である。
    また皇后という存在がここに記されていない
    ことから、この時点で後宮では皇后の座を狙
    った争いが渦巻いていることが伺える。
    最強権威の社会である宮廷・後宮が、舞台        
    である事を示しているのである。
     こうして「いとやむごとなき際にはあらぬ」
    (身分にふさわしくない)帝の寵愛を受けて
    いた桐壺の紹介がされ、この物語の幕は開く。
    この作品の序幕とも言える「桐壺」の巻で内裏・後宮はどのように関わっているか、いくつかの例を挙げてみたい。
    2.「え避らぬ馬道」とは
        ―清涼殿ま..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。