トリスタンとイゾルテの悲恋

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数122
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     トリストラムとイゾーデは、ラーンスロットとギニヴィアと並ぶ「アーサー王とその騎士たち」に含まれる悲恋物語である。
     トリストラムもラーンスロットも、王妃との不義がきっかけで、国を巻き込んで悲劇を生んでゆく。
     この作品達が今日でも語り継がれ残されている理由は、やはり二人が忠誠心を持った理想的な騎士であり、また二人とも愛に一途だったからではないだろうか?
     ラーンスロットはアーサー王に仕え、円卓最強の騎士であり、皆の太陽のような存在であった。一方のトリストラムも、そのラーンスロットとの一騎打ちで互角に戦った腕前である。物静かで遠慮深い性格でありながらも、その騎士としての素晴らしさを知ったアーサー王に「騎士中の騎士、最も心優しい、最も尊敬に値する騎士」と賞賛され、円卓の騎士の一人に迎えられた人物である。
     ロマンスは騎士達の原動力である。そして、高貴な勲功や名誉の希求を鼓吹する力を持つ。
    王妃イゾーデとの密通がばれ、マーク王に追放されたトリストラムは、常に戦い続け弱い者を助けた。追放された時のトリストラムはそういった感情よりも、愛する者と別れている心の苦しみを軽くしようとするために行って..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。