日本最大のレポートサイト HAPPYCAMPUS

検索オプション
  • 私のホーム
  • 私の資料
  • 管理ツール
  • 資料広場
  • アップロード

学歴社会について

540 販売中
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数3,462
ダウンロード数22
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    学歴社会とは一体どのような社会であろうか。学歴社会とよく混同される言葉に高学歴社会があるが、その意は厳密に異なっている。高学歴社会とは、「高学歴者の多い社会」を意味する言葉であり、具体的には、高校卒業後の高等教育機関への進学率が50%を越える社会である。一方の学歴社会は、「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」を意味する言葉である。
    では、現在の日本社会はというと、「学歴社会であり、高学歴社会でもある」と言えるだろう。日本では上述の学歴社会の定義どおり、社会における社会的・職業的地位を決める主たる基準の一つが学歴であるような社会である。確かに、最近では、いくつかの企業で学歴を問わない所も出てきており、学歴社会の崩壊も謳われているが、一般的にそれが普及し尽くしたとは言いがたい。また、現在の日本は大学・短大・専門学校を加えた進学率が約70%にもなっている。これは紛れもなく高学歴社会といえるだろう。
    高学歴社会は後述に譲るとして、では、現在の日本が学歴社会に至った理由は一体何であろうか。今に至らせた必然性を探ることで学歴社会を明らかにしたい。
    江戸時代には、身分は士農工商に分かれており、その身分が子どもの進路・職業を決定した。教育においてもそれぞれの身分において、士族の子であれば藩校、町人・農民の子であれば寺子屋というふうに、教わる教育機関がそれぞれ異なり、教わる知識や技能も異なったのである。しかし、明治期になると、富国強兵のもと、効率的な人材養成・登用システムが確立され、同時に学歴社会・主義が生みだされた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学歴社会とは一体どのような社会であろうか。学歴社会とよく混同される言葉に高学歴社会があるが、その意は厳密に異なっている。高学歴社会とは、「高学歴者の多い社会」を意味する言葉であり、具体的には、高校卒業後の高等教育機関への進学率が50%を越える社会である。一方の学歴社会は、「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」を意味する言葉である。
    では、現在の日本社会はというと、「学歴社会であり、高学歴社会でもある」と言えるだろう。日本では上述の学歴社会の定義どおり、社会における社会的・職業的地位を決める主たる基準の一つが学歴であるような社会である。確かに、最近では、いくつかの企業で学歴を問わない所も出てきており、学歴社会の崩壊も謳われているが、一般的にそれが普及し尽くしたとは言いがたい。また、現在の日本は大学・短大・専門学校を加えた進学率が約70%にもなっている。これは紛れもなく高学歴社会といえるだろう。
    高学歴社会は後述に譲るとして、では、現在の日本が学歴社会に至った理由は一体何であろうか。今に至らせた必然性を探ることで学歴社会を明らかにしたい。
    江戸時代に..

    コメント4件

    goldsun 購入
    とてもわかりやすい
    2006/02/09 3:40 (8年7ヶ月前)

    shibu24 購入
    参考になりました。
    2006/04/30 15:02 (8年5ヶ月前)

    yuupyon 購入
    参考になりました
    2006/11/08 0:29 (7年10ヶ月前)

    yosirou 購入
    参考になりました
    2007/06/17 23:56 (7年3ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。
    広告